くらし

壁紙のヤニ落とし キレイに落とす6つの方法!

2016/09/11

壁紙 ヤニ

部屋の中でいつもタバコを吸っていると壁紙がタバコのヤニで汚れてしまいますよね。このヤニの汚れに悩んでいる人は、多いのではないでしょうか。

タバコを吸う時には、できるだけ換気扇の下で吸うようにしたり気を付けていても、いつの間にか部屋の壁紙にヤニがついて黄色くなってしまうんですよね。

では、このヤニの汚れはもう落とすことができないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。工夫をして掃除をすれば、キレイになりますよ。そこで、壁紙についたヤニ汚れをキレイに落とす方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

壁紙についてしまったヤニを落とす方法!

掃除 ヤニ
そもそも、タバコのヤニは水溶性で、ニコチンやタールなどの油性分でできています。油性ということは、アルカリ性の洗剤で落とすことができます。

オススメのアルカリ性洗剤が5つありますので、紹介させていただきます。

 ➡ 重曹

重曹を溶かした水を汚れに直接スプレーして、ブラシや雑巾などで軽くゴシゴシ拭きます。拭き終わった後は、濡らした雑巾で水拭きをして、乾いた雑巾で拭いて仕上げとなります。

 

 ➡ セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダは、アルカリ性が重曹の10倍だと言われています。その分、重曹よりも汚れを落とす力が強いので、重曹で落ちなかった汚れにも効果があります。セスキ炭酸ソーダは、ホームセンターなどで手に入れることができます。

 

 ➡ アルコール

アルコールも重曹と同じく、ヤニの油性分を薄めるのには効果的です。ドラッグストアで売られている無水エタノールや消毒用のアルコールで綺麗になります。アルコールは初期のヤニ汚れを落とすことができます。

 

 ➡ オレンジオイル配合洗剤

こびりついた頑固な汚れには、オレンジオイル入り洗剤が効きます。オレンジオイル配合洗剤は、優れた溶解力と洗浄力をもっているため、長年放置されていたヤニ汚れにも効き目があります。10倍程に薄めてから使ってください。

 

 ➡ 漂白系洗剤

どうしてもヤニの汚れが落ちない時には、キッチンハイターなどの漂白系の洗剤が効果があります。必ず水で薄めてから使うようにしてくださいね。漂白系洗剤は、臭いが強いので換気には気を付けて、窓を開けてから使ってください。

 

壁紙を掃除する時のコツ!

壁紙を掃除をするときのちょっとしたコツを紹介します。

 ➡ 壁を掃除する時のコツ!
  • 仕上げの水拭きと乾拭きは忘れずに!
  • 水ではなく45度ぐらいのお湯で拭いてください。
  • 変色しないように、隅の方で試し拭きを!
  • 壁紙のつなぎ目に注意して、拭いてください。
  • メラミンスポンジを使うときは擦り過ぎないように!

これらに気を付けるだけで汚れの落ち方が変わってきます。それでもひどいヤニ汚れはプロでも完全に落とすことはできないそうです。手遅れになる前にこまめに掃除するようにしましょうね。

 

綺麗になったら、ヤニが付かないようにする!

壁を汚れないように綺麗な状態を保つには、部屋の中でタバコを吸わないのが一番です。禁煙できればいいのですが、そう簡単にはできないですよね。

できるだけ、ベランダなどの外に出て吸ったり、定期的に掃除したりと工夫して、ヤニがつかないようにしましょう。

自分で綺麗に掃除ができないのなら、プロの掃除屋さんに任せてしまうのも、アリですよね。ここで紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

関連コンテンツ アドセンス

-くらし
-,