NGK(なんばグランド花月)良い座席で見るコツがわかった!

なんばグランド花月

吉本興業のお笑いの殿堂・NGK(なんばグランド花月)での公演を観る時には、少しでも良い席で観たいですよね。良い席で吉本の漫才や新喜劇を観るコツをお伝えします!

NGK(なんばグランド花月)のアクセスは、南海電鉄「難波駅」より徒歩約3分、地下鉄「なんば駅」E3出口より徒歩約3分です。劇場内にコインロッカーは設置されています。

なんば駅、梅田駅にもコインロッカーはあります。劇場専用の駐車場はありません。1階の見やすい席は、平日だとチケットが取りやすいですよ。

NGK(なんばグランド花月)の座席

NGK(なんばグランド花月)の座席は、1階席と2階席があります。座席数は、補助席を含めて約900席(固定席は858席)です。

座席は、階段状になっているので、後方の席からでも、舞台は見やすいようになっています。舞台を正面に見て、座席番号の1番が最も左側の座席、座席番号の27番が最も右側の席になります。

縦に大きく3つのブロックに分かれていますので、8番と9番の間と19番と20番の間に通路があります。舞台が見やすいのは、真ん中のブロックの中央当たりの座席です。座席番号は、12番~16番です。

スポンサーリンク

NGK(なんばグランド花月)の公演を良い席で観たい!

NGK(なんばグランド花月)の漫才や吉本新喜劇を良い席で観るには、吉本興業が運営している「チケットよしもと」でチケットを購入するのが良いという噂があります。これは本当なのでしょうか。

実際、チケットよしもとでNGK(なんばグランド花月)のチケットを購入している人は、高確率で前の方の良い席とか真ん中あたりの良い席をを買うことができているようです。

チケットよしもとのプレミアムメンバー(有料)なら、先行予約をすることができるので、良い席が手に入る確率が高くなります。

良い席で観るための裏ワザ!

どうしても良い席で公演を見たい場合は、ひとりで観るのがポイントです。

NGK(なんばグランド花月)には、団体や複数人で来ている人が多く、1人で席を買うと団体さんと団体さんの隙間になっているような良い席が取れる場合があるのです。

団体さんは、固まって座席を取るため、意外と真ん中あたりが空いていることがあるんですよ。常連しか知らない、ちょっとした裏ワザです。

NGKの当日券の販売時間は?

NGK(なんばグランド花月)の当日券は、公演開始の2時間前まで購入が可能です。当日券は、NGK(なんばグランド花月)の窓口、ファミリーマートのファミリーマート店内設置の「Famiポート」で購入できます。

Famiポートで購入する場合は、Famiポートのトップ画面にある「チケットよしもと」ボタンより操作してください。チケット代金のほかに発券手数料が掛かります。

http://yoshimoto.funity.jp/buytheday/

2018年現在では、NGK(なんばグランド花月)の公演は、火曜日~月曜日の週変わりになっています。もし、2日連続で観るなら、月曜日と火曜日のスケジュールにすれば、出演者が変わっているので、2倍楽しめます。

スポンサーリンク

お弁当やお菓子の持ち込みは、大丈夫?

NGK(なんばグランド花月)にコンビニで買ったお弁当やお菓子、飲み物などを持ち込んで食べながら公演を見るのは可能です。お昼の公演の回では、お弁当を食べている人も多いですよ。

お弁当を食べている人が多いと漫才師からツッコミが入る場合もあるぐらいです(笑)。お酒を飲んでいる人もいるぐらいです。

お菓子を食べても良いのですが、袋を開ける時に音がパリパリとするお菓子や食べる時にボリボリと音の鳴ってしまう煎餅を食べる時は気をつけてください。

NGK(なんばグランド花月)には、お弁当付きチケットというものも売っていますよ。1階はグッズやおみやげ、軽食が売られていますよ。

【参照】

・座席表はこちらで確認できます。http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/about.php
・公演時間・スケジュールはこちらで確認できます。http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/

画像引用元:吉本興業HP http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/about.php

スポンサーリンク