【ボウリング】カーブボールの投げ方【コツさえわかれば、意外と簡単です】

【ボウリング】カーブボールの投げ方【コツさえわかれば、意外と簡単です】

ボウリングでカーブを投げたい…けど、投げ方が分からない…。

手首をひねって投げたら、良いのかな?

おもいっきりひねると、手首を怪我しそうで怖い…。

どうやって投げたら、カーブが投げられるんだろう?

 

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

この記事の内容
  • ボウリングのカーブの投げ方がわかる
  • スコアを上げる方法がわかる

ボウリングでカーブボールを投げるには、ちょっとしたコツがあります。

コツさえ分かれば、簡単です。

早い人なら、1日でカーブを投げることができるます。

カーブボールを投げるコツを、詳しく解説します。

 

初心者がカーブを簡単に投げる方法

初心者がボウリングでカーブを簡単に投げる方法

ボウリングでカーブを投げるのは、実は簡単です。

正しいフォームで投げれば、ボールは自然と曲がります。

これは特殊な技術ではありません。コツさえ分かれば、その日のうちにマスターできます。

ボールを曲げるという意識を捨てて、カーブボールを投げるフォームを覚えることに意識を集中してください。

その結果、ボールは曲がります。

無理に曲げようとしなくても、勝手に曲がる感じです。

最後に握手するようなフォームで投げる

カーブを投げるには、この2点を意識するだけです。

  • 構えた時、親指は12時の方向
  • リリース直前に親指を9時の方向へ

「リリースの直前=腕が膝を通過するとき」です。この瞬間に手のひらを反すと、ボールの回転がかかり、曲がります。

フィニッシュの時には、手のひらが左側を向いているはずです。

ちょうど、正面の人と握手するような手の形です。

「最後に握手」と覚えておくだけでも、カーブボールが投げられます。

無理に手首を回すのは、間違った投げ方です

横回転はかかりますが、ボールの曲がり方が安定しません。

最悪、手首を痛めます。

無理に手首を回さずに、ボールを前に出す押し出すイメージで投げます。

親指はリリース直前で抜きます。中指、薬指を引っ掛けて投げると、自然と回転がかかります。

実はハウスボールは、曲がりにくい

ハウスボールは、あまり曲がりません。

ハウスボール:ボウリング場に置かれているボールのこと

曲がらないのは素材の問題です。

摩擦力が低いので、曲がっても1~2度ぐらいです。

気持ちよくボールを曲げたいなら、マイボールが必要です。

ボウリング場ですごくカーブがかかっている人を見てください。きっと、マイボールのはずです。

カーブはストライクが取りやすい【スコアアップできます】

カーブはストライクが取りやすい【スコアアップできます】

安定してカーブが投げられると、高確率でストライクが狙えます。

ストライクを取るには、ボールが1番ピンに当たる入射角がポイントになります。

少し曲がって斜めから1番ピンに当たると、ストライクになる確率が高まります。

これは「パーフェクトストライク理論」と呼ばれる考え方です。

パーフェクトストライク理論でストライクを狙う

パーフェクトストライク理論とは、ストライクを狙うベストな投げ方のことです。

  • 1番ピンを狙う
  • 3度~6度の入射角で当てる

この2つを意識して投げます。

すると、10本のピンが見事に倒れます。

  • 外側のピン → ドミノのように倒れる
  • 内側の3本 → ボールが倒す

このパーフェクトストライク理論を実践するには、入射角がポイントになります。

3度~6度の入射角を実現するためには、カーブで1番ピンに当てる必要があります。

上級者の1投目を見てください。3度~6度の入射角を狙って投げています。

カーブをマスターして、パーフェクトストライク理論を試してみてください。

リラックスして、1投目に集中する

ボウリングは「静から動」のスポーツです。

上手くリラックスをして始動しないと、フォームが安定しません。

ポイントはつぎの3つです。

  1. 深呼吸をする
  2. 肩の力を抜く
  3. ボールの軌道をイメージ

これを投げる前のルーティンにすれば、リラックスできるはずです。

まとめ:ボウリングは少し練習すれば、どんどん上達します

ボウリングは練習すれば練習するだけ、スコアは伸びるスポーツです。

一度、ボウリングのコツを覚えると、一生ボウリングを楽しむことができます。

カーブは少し練習が必要ですが、少しだけ頑張ってみてください。

スコアアップすることは間違いありませんから。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です