ぬいぐるみは自宅で簡単に洗濯できる!

ぬいぐるみ

ぬいぐるみを綺麗に保つには、定期的なクリーニングが必要です。ぬいぐるみは、埃、ダニ、ハウスダスト、皮脂、汗などが付着し、綺麗に見えても、実はけっこう汚れています。

特にお子さんがいつも抱いているぬいぐるみの場合、一番気になるのは、ダニです。ぬいぐるみの中は、適度な温度と湿度のため、ダニの温床になっている場合もあるのです。

アレルギーの原因がぬいぐるみだったということもあるのです。ぬいぐるみを洗濯するのは、面倒なようですが、実は簡単なんですよ。

ぬいぐるみを洗う前に確認すること

ぬいぐるみを洗う前に最初にすることは、ぬいぐるみに付いている洗濯表示を確認することです。ぬいぐるみに付いているタグに洗濯機マークや手洗いマークが付いていたら、洗うことができます。

タグの表示が無く、洗っていいのか判断できない場合は、販売元に問い合わせをしてみましょう。また、販売元のホームページで洗濯に関する情報を調べることができる場合もあります。

洗えない素材は?

ぬいぐるみに使われている素材が、人工皮革、ウールの場合、洗うことができません。

また、機械やセンサーが使われているぬいぐるみや、接着剤でパーツを貼り付けているぬいぐるみ、紙の部分があるぬいぐるみも洗うことができません。

アンティークものや1点ものの場合も、洗わないほうが良いでしょう。洗える素材は、中身がポリエステル・ビーズ・パイプの場合です。

ぬいぐるみを洗う前の準備

洗える素材のぬいぐるみだということが確認できたら、次に色落ちのチェックを行います。布に少しだけ洗剤を含ませて、ぬいぐるみの目立たない部分を少しだけ擦ってください。

タオルに色が付かないようであれば、ぬいぐるみを洗う準備に取り掛かります。もし、タオルに色が付き、色落ちしてしまう素材の場合は、洗濯することができません。ファブリーズ等で消臭・殺菌をすることをお勧めします。

洗う前にぬいぐるみが着ている服や首輪など外せるものは先に取り外しておきましょう。これでぬいぐるみを洗う前の準備は完了です。

スポンサーリンク

ぬいぐるみの洗い方

手洗いでぬいぐるみを洗う方法

手洗いでぬいぐるみを洗う場合、おしゃれ着用の中性洗剤を使います。毛足の長いぬいぐるみの場合は、洗う前にブラッシングをしておくと、汚れが落ちやすくなります。

洗面器やバケツ等の中に水、またはぬるま湯とおしゃれ着用の中性洗剤を入れます。

その中で、ぬいぐるみをやさしく押し洗いを行います。強く押しすぎると表面の布の一部に負担がかかり、生地を傷めてしまう場合があります。あまり強く押しすぎないように、やさしく丁寧に押し洗いを行います。

洗い終えたら、綺麗な水ですすぎます。洗ってから、すすぐ作業を3回ぐらい繰り返します。最後に柔軟剤を使うと、ふんわりと仕上がります。

柔軟剤を使う場合、柔軟剤と水またはぬるま湯(35~38度程度)を混ぜ、20~30分程、浸けておきます。次は洗濯機での脱水です。

ぬいぐるみをタオルでくるみ、洗濯ネットに入れます。洗濯機の脱水は、10秒程です。長い時間、洗濯機で脱水を行うとぬいぐるみを傷つけてしまうので、気を付けてください。

最後に乾いたタオルを押し当てて、できるだけ水分を吸い取ってから干します。

洗濯機でぬいぐるみを洗う方法

ぬいぐるみに洗濯機マークが付いている場合は、洗濯機を使って洗うこともできます。洗濯機でぬいぐるみを洗う場合も手洗いの時と同様、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用します。

ぬいぐるみを洗濯ネットに入れ、手洗い(ドライ)コースで洗います。ぬいぐるみの汚れがひどい場合には、ぬるま湯を使用すると、汚れが落ちやすくなります。

脱水を行う場合は、ぬいぐるみをタオルに包み、洗濯ネットに入れます。1分間の脱水を行います。

スポンサーリンク

ぬいぐるみの干し方

洗い終わったぬいぐるみを干す場合は、直射日光を避け、風通しの良い日陰で干します。直射日光に当てると表面が変色してしまう場合がありますので、必ず陰干しで乾かしてください。

ぬいぐるみの表面だけでなく、中までしっかり乾燥させるには、2~3日必要な場合もあります。湿ったままでは、カビなどが発生する原因になってしまうので、少し長めに干すようにしてください。

ぬいぐるみの表面の毛が長いぬいぐるみは、乾く前にブラッシングをして形を整えるようにしておくと、乾いた時にキレイな形になります。

ぬいぐるみを洗うことに不安がある場合には、近くのクリーニング店で相談してみるものいいでしょう。

水を使わない洗い方

水を使わずに重曹で洗う方法もあります。ポリ袋にぬいぐるみを入れ、重曹を振りかけます。

ぬいぐるみの入ったポリ袋の口をゴムで止め、ぬいぐるみに重曹が均等に振りかかるように数回、振り回します。重曹を使うと、消臭効果があります。

袋に入れたままの状態で1日ほど置いた後、袋から出し、できるだけ重曹を落とした後、残った重曹を掃除機で吸い取ります。最後に固く濡らしたタオルで拭き取れば、終了です。

スポンサーリンク