タオルにピンクカビが発生してしまう原因は?

ピンクカビが発生してしまう原因は?

タオルにピンクカビが発生する原因として挙げられるのは、温度と湿度の上昇やカビが成長しやすい環境に伴う赤カビや黒カビなどの繁殖です。

繁殖しやすくなるのは部屋の温度が20度を越えている状態や、部屋の湿度が60度を越えている場所だと繁殖しやすくなります。

また部屋の温度と湿度の上昇の他にも、水分などのカビの栄養となるものが多い状態でも、カビが発生する原因となります。

お風呂を出た後などに体を拭いたり髪を拭いた後で、濡れたままのタオルをそのまま放置しておくと、濡れた状態であるために空気中を漂っているカビなどが付着することになってしまいます。

濡れた状態だと成長しやすい状態であるために、赤カビと黒カビが繁殖してピンクカビが発生します。

スポンサーリンク

ピンクカビが発生したタオルを綺麗にする方法

ピンクカビが発生してしまったタオルを綺麗にする場合には、つけ置き洗いが最適で数時間お湯につけておくだけで、簡単にピンクカビの菌類を殺菌できるので、原因となっている菌の繁殖や発生を止められます。

この方法でピンクカビを除菌してタオルを綺麗にする場合には、タオルをつけ置きするための熱湯とピンクカビの菌類を落として除菌するための酵素系漂白剤が必要になります。

バケツなどの入れ物に50度以上の熱湯と酵素系漂白剤を混ぜて入れて、その中にカビが発生しているタオルを入れます。

お湯は必ず50度以上で出来る限り熱いものにする必要があり、ぬるいお湯では菌類を除菌できません。

つけ置き洗いの時間は決まっていませんが、1時間から2時間程度で綺麗な状態のタオルになります。

スポンサーリンク

ピンクカビの予防方法は?

ピンクカビが発生する原因は部屋の温度と湿度の上昇や、水分が残っていてカビの栄養素となることなどです。

そのため体を拭いたり髪の毛を拭いたりなどで使用した後のタオルは、極力風通しのいい場所で乾かして放置しないことが重要になります。

使用した後のタオルを部屋干しなどで乾かしている場合や放置している場合には、風通しの良い部屋で乾かすか外で乾かすなどの予防方法で防ぐことが可能です。

また使った後のタオルを洗濯機で選択する場合にカビの原因となる菌が付着する場合もあります。

このような場合には洗濯槽を定期的に綺麗に掃除して、洗濯槽についているカビの原因菌を除菌したうえで、洗濯機を使ってタオルを選択するという予防方法があります。

スポンサーリンク