【W+】ワードプラス

知っているとちょっと得するかも!っていう情報ブログ

雑学 ビジネス

新入社員必見!エレベーターのマナー講座

2018/06/16

エレベータのマナー

エレベーターに乗る時のあなたのマナーは大丈夫ですか。会社の上司や来客したお客様と乗るときに、ちょっとした気遣いができると相手に与える印象はまったく違いますよね。

そこで今回は、知っていそうで知らないエレベーターのマナーについて、お伝えします。

スポンサーリンク

エレベーターに乗る時のマナー

エレベーターホールに着いたら、さりげなく三角の上下のボタンを押し、エレベーターを呼びます。エレベーターは降りる人が優先ですので、ドアの正面を避け、降りる人の進路を開けて待ちます。

エレベーターが着いて、降りる人がいる場合は、降りる人が通りやすいように少し横からエレベーターのドアを押さえます。全員が乗る前にエレベータが閉まらないようにするためです。

上司やお客様から先にエレベーターに乗ってもらいます。この際、「お先にどうぞ」、「どうぞ」などと一声をかけましょう。

乗ってもらうときに一言声をかけることで、スムーズに誘導をすることができます。

最後に乗り込み、階数ボタンに一番近い位置に立ちます。階数ボタンを押し、全員がエレベーターに乗り込んだら、閉のボタンを押します。

エレベーターの中の上座と下座

エレベーターの中にも上座と下座があります。操作ボタンに近い場所が下座で、エレベーターの奥が上座になります。

操作ボタンが左右にある場合は、乗り込むときに右側にあるボタンの場所が下座で、その対角線上の左奥が上座になります。

他にも利用者がいたときは、できれば相手方が上座に乗れるよう誘導しましょう。上司が先に乗っていたときは、「変わります。」とひと声をかけて、自分が下座に移動すればいいでしょう。

スポンサーリンク

エレベーターの操作ボタンは誰が押す?

エレベーター ボタン

上司やお客様と一緒にエレベーターに乗ったときは、ボタンは絶対にあなたが押します。操作ボタンを押す時は、なるべく相手に背を向けないように半身の体勢で押すようにしてください。

もし、後からエレベーターに乗る人がいたら、「何階ですか?」など声をかけたり、乗り降りの際には、開閉ボタンの操作に気遣うようにしましょう。

また、逆に操作をしてもらった時には、お礼を言うようにしましょう。降りる時にもお礼を言って会釈をすると、なお良いです。

エレベーターから降りる順番は?

エレベーター
エレベーターから降りる時には、絶対に上司やお客様が先です。あなたは、「開ボタン」を押しながら、反対の手でドアを押さえ、相手に先に降りてもらいます。

このときも「どうぞ」などと、ひと声をかけるとスムーズに誘導できます。

エレベーターに乗り降りする順番や場所は知っていて損にはなりません。エレベーターに乗るときは気を付けてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ アドセンス

-雑学, ビジネス
-, ,