PM2.5と黄砂の違い!マスクで健康被害を防ぐことは可能?

マスク

最近は、PM2.5の汚染が深刻になっていますね。

ニュースで中国の映像を見ると、歩いていて少し前もハッキリと見えないぐらいPM2.5が飛んでいました。あの中で生活している人がいると思うとゾッとしますね。

運が悪いことに中国は日本の隣の国なんです。隣の国があんなひどい状態になっているのに、日本に影響がないワケがないですよね。

PM2.5の対策として、出かけるときにはマスクを着用するという人も多いのでは、無いでしょうか。このマスクは、PM2.5に対してどのぐらいの効果があるのか気になったので、調べてみました。

PM2.5とは?

PM2.5とは、微小粒子状物質と呼ばれ、煙、煤、すす、排気ガス、石油等の揮発性成分から生じる2.5マイクロメートル以下のものです。

10マイクロメートル以下のものは、PM10と呼ばれます。1マイクロメートルは、0.001mmです。

PM2.5の影響は?

粒子が小さいので、口や鼻からPM2.5を吸いこんでしまうと呼吸器系の疾患を引き起こす場合があります。PM2.5には、PHAという発がん物質が含まれている場合もあので、注意が必要です。

空気中に含まれる10マイクロメートルぐらいの粒子は、鼻の粘膜に付着してしまいます。スギ花粉は30マイクロメートルの大きさのスギ花粉でも粘膜に付着し、アレルギー反応を引き起こします。

PM2.5は、スギ花粉の12分の1の大きさなので、鼻の粘膜に付着しやすいと考えられます。10マイクロメートル以下の微粒子は、肺や気管支まで到達してしまうと、気管支炎、喘息、肺がんの恐れがあるのです。

スポンサーリンク

黄砂とは?

黄砂とは、中国やモンゴル、東アジア地域にある砂漠地帯の砂塵が強風で舞い上げられて、広い地域に飛散したものが日本に降り注いでいる砂のことです。

日本に降り注ぐ黄砂の大きさは、0.5~5マイクロメートルの大きさなので、粒が小さく体内に吸い込んでしまうこともあります。黄砂は、ただの砂ではありません。

空中を浮遊している際に、細菌、微生物、PM2.5が付着している場合が多く、人体にとっても悪い影響を与える可能性が高いのです。

黄砂が与える影響は?

黄砂は、日本だけでなく中国や韓国でも大きな被害が報告されています。黄砂が降り注ぐことで、航空機や電車、車などの交通機関への影響が大きく、電波障害、農作物の影響もあり、社会問題になっているのです。黄砂が多いのは、主に春です。

黄砂は、家の窓、車、洗濯ものなどに付着します。花粉によるアレルギー反応である花粉症と同じように、最近では、黄砂を吸い込んでしまうことによる黄砂アレルギーを発症する人も増えてきています。

黄砂アレルギーの症状は、目のかゆみ、目の充血、鼻づまり、鼻水等です。症状が花粉症と似ているので、自分では、花粉症だと思っていても黄砂アレルギーの可能性もあります。

スポンサーリンク

PM2.5はマスクで防ぐことはできるの?

PM2.5は、とても小さいため呼吸器官の奥まで入りやすく、肺がんやぜんそくなどの気管支疾患の原因になります。PM2.5による汚染が酷い中国のでは、気管支系の疾患で亡くなる人も出ています。

PM2.5はとても小さい微粒子物質のため、普通のマスクでは中まで入りこんでしまい、防ぐことはできません。2.5マイクロメートルは、2.5mmの1,000分の1です。

PM2.5の粒子の大きさは、髪の毛の40分の1、スギ花粉の12分の1の大きさです。花粉よりも小さいので、風邪用や花粉用のマスクのフィルターを通過してしまいます。

PM2.5を防ぐことができる専用のマスクってあるの?

マスクは、3つに分類することができます。家庭用マスク、医療用マスク、産業用マスクです。薬局やドラッグストアで販売されている家庭用マスクでは、防ぐことができません。

この3種類の中でPM2.5を防ぐことができるのは、医療用マスクと産業用マスクです。専門的に表現すると、「N95マスク」と「DS2マスク」です。

この2種類のマスクは性能・効果もほぼ同じで、0.3マイクロメートルの大きさの粒子の場合、マスク内への侵入を95%以上防いでくれます。

ただし、気密性が高いマスクなので一般的な家庭用のマスクと比べると、初めて使用する時には、息苦しく感じるかも知れませんが、すぐに慣れると思います。。

医療用マスクと産業用マスクのマスクはインフルエンザの予防としても効果があります。もちろん風邪予防にも高い効果があります。

このマスクを装着する場合は、隙間が無いように正しく着ける必要があります。下記の参考動画で確認してください。

N95マスクの装着方法

 

PM2.5を防せいでくれる子ども用のマスクはあるの?

PM2.5は、子供や老人への影響が心配されます。微粒子の侵入を防ぐマスクとしては、医療用マスクと産業用マスクがあるのですが、このタイプの子供用のマスクはありません。

(今後、PM2.5や黄砂の被害が大きくなってくれば、子供専用のマスクが販売される可能性もあります。)

家庭用マスクで対応するしか方法がないのです。家庭用のマスクを使用する場合も、子供用や小顔用などのサイズの合ったマスクを使用するようにしましょう。

大きなサイズのマスクを付けても、隙間からPM2.5や黄砂が入りこんでしまうため、意味がありません。大人用のマスクを付けても、気休めにしかならないのです。

PM2.5や黄砂の多い春先には、不要な外出は避けるようにしましょう。帰宅した際には、家の中にPM2.5や黄砂を持ち込まないように、服や髪に付着した粒子を払ってから、家に入りましょう。

風邪の強い日には窓を閉め、空気清浄機を使用しましょう。

スポンサーリンク