健康 くらし

ウォーキングの効果がこんなにスゴイ!

2016/09/15

ウォーキング

ウォーキングは、ジョギングやランニングなどの運動が苦手だという方でも気軽に始めることがでいる運動です。最近では、若い人からお年寄りまで、健康のためやダイエットのために公園や川沿いを歩いている人を見かけますね。

ウォーキングをするとは、どのような効果があるのかご存知でしょうか。ウォーキングの効果について、お伝えします。

 

スポンサーリンク

 

ウォーキングにはどんな効果があるの?

歩いているだけなのですが、ウォーキングにはいろいろな効果があります。

 

 ➡ 無理なくダイエットをすることができる!

15分間、早めのスピードでウォーキングした時の消費カロリーは、体重50kg人で53キロカロリーです。ジョギングなどに比べると消費は少ないですが、体や膝などへの負担が少なく、無理をすることなく続けることができるためダイエットには最適です。

 

 ➡ アンチエイジング効果が得られる!

歳を重ねていくごとに体の機能はどうしても衰えてしまいますが、毎日、ウォーキングをすることで、いつまでも若さを保つことができ、急激な老化を防止することができます。

また、適度に運動することで血行が良くなり、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも効果があります。

 

 ➡ ストレス解消効果!

実はストレスが溜まってしまうことは怖いことなのです。ストレスを上手に解消できないと、最悪の場合、精神障害を起こしてしまう場合もあるのです。そんなストレスを解消してくれるのが適度な運動です。

特にウォーキングはキレイな景色を楽しめたり、自然と触れ合ったりすることができるので、リラックス効果やリフレッシュ効果があります。

 

効果が出るまでにはどれくらいの時間がかかるの?

ウォーキングを始めても、なかなか効果が出なかったり、体重や体脂肪率が減っていかないとウォーキングを続けるモチベーションが下がってしまいますよね。

運動を開始して効果が現れるまでには、一般的に2ヶ月を過ぎてからと言われています。筋トレでも始めた場合でも、すぐに効果が出ないけど大体3ヶ月もすると、見た目に変化が出てきますよね。

それと同じなのですが、ウォーキングは筋肉がつくほどの激しい運動ではなく、地道に体重を落としていくものなので、大体2ヶ月~6ヶ月ほど見ていくといいでしょう。

もともとスポーツ経験があって筋肉などがしっかりしている人は、これよりももっと早く効果が表れる場合もあります。体質やウォーキング方法などによって効果には個人差があります。

結果が出ないからとすぐに諦めてしまうのではなく、頑張って2ヶ月、3ヶ月と続けていきましょう。

 

ウォーキングに最適な時間帯は、朝と夜のどっち?

ウォーキングをするのは、朝でも夜でも効果は同じだと思っているかも知れませんが、実はそれぞれにメリット・デメリットがあるのです。詳しく見ていきましょう!

 

 ➡ 朝のウォーキングのメリット
  • 脂肪の燃焼効率が良い!
  • 日中、活発に動くことができる!
  • 生活が規則正しくなる!

 

 ➡ 朝のウォーキングのデメリット
  • 寝起きなので、体が動かない場合がある。
  • 早寝早起きをしなければならない。

 

 ➡ 夜のウォーキングのメリット
  • 睡眠の質が上がる!
  • 生活習慣を変えなくて良い!

 

 ➡ 夜のウォーキングのデメリット
  • 暗い中外に出るので、女性であれば心配。

 

ウォーキングを継続させるには、自分の生活リズムで無理のない時間帯に習慣化して行うことが大切です。ウォーキングの魅力はいつでも簡単に始められることだと思うので、みなさんも是非やってみてくださいね。

関連コンテンツ アドセンス

-健康, くらし
-, ,