健康 くらし 雑学

サヴァン症候群には特殊能力がある?日本の有名人ではあの人も!

2016/12/24

サヴァン症候群

サヴァン症候群という言葉を聞いたことはありますか。映画・レインマンの中で主演のダスティン・ホフマンがサヴァン症候群の役を演じ、世間的には少し知られるようになりました。

また、最近では、テレビドラマ「ATARU」の中でスマップの中居正広さんが特殊能力を持ったサヴァン症候群の青年を演じました。

サヴァン症候群は、知的障害があるにも関わらず、特殊能力を持っている人のことです。もしかしたら、あなたの身近にもサヴァン症候群の人がいるのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

 

サヴァン症候群とは?

実は、サヴァンとはフランス語で「賢人」という意味なのです。サヴァン症候群は、発達障害や知的障害のある人の中で、ある特定の分野において、驚異的な能力を持っている人のこといいます。

一部の能力に関しては、ずば抜けて素晴らしい能力があるのですが、簡単な足し算や引き算ができなかったり、生活の中での普通のことがきちんとできない場合が多いのです。

全ての知的障害者が特殊能力を持っているわけではなく、サヴァン症候群の人の割合は、自閉症の人の10人に1人、知的障害では2,000人に1人と言われています。

現在の医学では、サヴァン症候群に関してハッキリ解明されているわけではありません。一部の説によると、脳の変形症の一種で脳細胞の一部が損傷し、脳が変形するとサヴァン症候群になるのではないかと言われています。

 

サヴァン症候群だと言われている日本人

松村邦洋さん

松村邦洋さん病院に行った時に、医師からサヴァン症候群の疑いがあると診断されたそうです。松村さんがものまねをする時には、長い台詞や表情、細かいイントネーションなどを完コピする場合が多く、その能力に関してはサヴァン症候群と似ていると言われています。

ものまねに関しては、ほぼ完璧な松村さんなのですが、部屋の整理などは全くできないようです。以前にテレビ番組の中で紹介された自宅の様子は、完全にゴミ屋敷状態でした。

 

山下清さん

山下清画伯もサヴァン症候群であったといわれている人の一人です。有名な所では、旅先で一度見た花火の絵を完全に再現したという常人では考えられないような絵の書き方をしていました。

また、ドラマなどでも描かれているように、話し方はたどたどしく、知的障害があったように思われます。

 

関連コンテンツ アドセンス

-健康, くらし, 雑学