健康 くらし

【病気】おならが止まらない時の対策は?

2016/11/17

おなら

お腹が張って、常にガスが溜まっているように感じることはありませんか。ガスが溜まれば、そのガスはオナラになって放出されます。

仕事中や人と会う時に、こんな感じでオナラが止まらない状態だと、落ち着いて仕事をしたり、話したりすることはできないですよね。

お腹が張ってしまいオナラが止まらない時には、半日ほど絶食し、乳酸菌飲料を飲むことで改善される場合もあります。乳酸菌飲料には、整腸効果があるのです。

スポンサーリンク

オナラは、なぜ出るの?

そもそも、どうしてオナラが出るのでしょうか。オナラの正体は、ガスだということは分るのですが、そのガスの正体は何なのでしょうか。

オナラのガスの正体は、食べ物と一緒に口から入ってきた空気や腸の中のガスなどです。口から入った空気がオナラになるなんて驚きですよね。

普段から、多く話す機会のある人や、鼻呼吸ではなく口呼吸の人や、ガムを噛んでいることが多い人などは、おなら体質だと言えます。

 

オナラが臭い原因は?

腸の中で食物が細菌により分解される時にガスが出ます。このガスがおならの臭いの原因になります。

腸に善玉菌が多く、腸が健康な時のおならは、それほど臭くは無いのですが、腸の中に悪玉菌が多くなってしまうと、クサいおならになってしまいます。

おならは我慢しないほうが良いと言われています。おならを我慢してしまうと、有害な物質を体内に留めておくことになり、腸内の悪玉菌を更に増加させてしまう原因にもなってしまいます。

できるだけ、外出中でもおならを我慢せず、誰にも気づかれないようにおならを出しておいた方が健康には良いのです。

 

おならが多い・止まらない原因は?

おならが多い人は、食べ物に原因がある場合が多いようです。芋類・ネギ・キャベツなどの食物繊維が多い食品はガスを発生させやすい食べ物です。

普段から、オナラが人よりも多いかもと思っている人は、これらの食べ物を少し減らすことで、オナラが出る回数を減らすことができます。

また、動物性の食品を食べると腸内の悪玉菌が多くなってしまいます。お肉を食べた後のおならがいつもより臭く感じたことはありませんか。

脂肪分が多い肉などは消化に時間がかかるので、腸内のバクテリアの発酵が多くなってしまうことが原因なのです。

また、ビールや炭酸飲料水などの炭酸が含まれている飲み物を多く飲むことで、おならが出やすくなります。炭酸の成分は、二酸化炭素と水です。

腸内に入った二酸化炭素が排出されるときにおならとして出るのです。炭酸が含まれた飲み物を飲んで、ゲップが出るのも基本的には同じ原理です。

ビールを飲みながら焼き肉を食べるのは、最高に美味しいのですが、炭酸と脂肪の組合せになるので、おならが出る最強コンビと言ってもいいでしょう。

 

急におならが臭くなることってあるの?

たまにすごい臭いオナラが出ることってないですか。臭いオナラが出るには、それなりの原因があるのです。多くのストレスを感じている時のオナラは臭くなります。

ストレスが原因となって、自律神経を乱してしまい、副交感神経が上手く働かなってしまいます。そのために腸の働きが悪くなりオナラが臭くなるのです。

また、睡眠不足な時にも体はストレスを感じ自律神経に支障をきたしてしまうのです。適度な運動と生活習慣の見直しが自律神経を整えることができます。

もちろん、食べ物によって臭いは変化しますが、同じような生活をしているのに、急にオナラが臭くなった場合は、体調が悪くなってきているサインです。

普段の生活を見直し、健康的な生活スタイルで過ごすように心がけるようにすることで、臭いオナラが減ってくることでしょう。

 

オナラが多くなった時には、病気の可能性がある?

おならが急に多くなってしまった時には病気の可能性も考えられるので、充分に注意してくださいね。

例えば、呑気症(のんきしょう)という空気を吸い込み過ぎている病気を発症すると、唾液と一緒に空気を取り込んでしまい、その空気が胃腸に溜まってしまいます。

その結果、おならやゲップの回数が増えてしまうのです。また、臭いおならが急に増えた時には大腸がんの可能性が考えられます。

オナラの回数がいつもよりも極端に多くなったり、異様な臭いがするオナラが続いた時には、一度、病院に行って診察をしてもらっても良いかもしれませんね。

関連コンテンツ アドセンス

-健康, くらし
-, , ,