くらし 雑学

ぬいぐるみは自宅で簡単に洗濯できる!

ぬいぐるみ

自分のお気に入りのぬいぐるみは、キレイにしておきたいですよね。ただ、自分で洗う時に失敗せずに洗うことができるか心配ですよね。

そんな方のために、自分でぬいぐるみを簡単に洗う方法を紹介します。

スポンサーリンク

ぬいぐるみを洗う前に確認すること

ぬいぐるみには、洗えないぬいぐるみもあります。まず、最初にぬいぐるみに付いている取扱表示を確認してください。ぬいぐるみの素材によっては、洗うことができない場合もあります。

人工皮革やウール、中綿がポリエステル以外の素材等は、洗うことができません。

洗える素材のぬいぐるみということが確認できたら、色落ちをしないかどうかを確認します。布に洗剤を含ませて、ぬいぐるみの目立たない部分を少し擦ってみましょう。

これで色落ちをしないことが確認できたら、ぬいぐるみを洗う準備に取り掛かります。色落ちしてしまう素材だった場合は、洗濯することができないので、ファブリーズ等で消臭殺菌をすることをお勧めします。

洗う前にぬいぐるみが着ている服や首輪など外せるものは先に取り外しておけば、これでぬいぐるみを洗う前の準備は完了です。

 

ぬいぐるみの洗い方

ぬいぐるみを洗う時は中性洗剤を使い、水かぬるま湯で押し洗いをします。強く押しすぎると表面の布の一部に負担がかかり、生地を傷めてしまいますので、あまり強く押しすぎないようにやさしく押し洗いをしましょう。

「洗う→きれいな水ですすぐ」という工程を2~3回繰り返せば、ぬいぐるみは綺麗になります。洗い終わったら、タオルでくるみ、洗濯機の脱水を10秒程度行います。長い時間、洗濯機で脱水を行うとぬいぐるみを傷つけてしまうので、気を付けてください。

最後に乾いたタオルを押し当てて、できるだけ水分を吸い取ってから干します。洗濯機で洗えるぬいぐるみの場合は、ネットに入れて、ドライコースで洗う方法もあります。

 

ぬいぐるみの干し方

洗い終わったぬいぐるみを干す場合は、直射日光を避けて陰干しをしてください。直射日光に当てると表面が変色してしまう場合がありますので、注意してください。

表面だけでなく、中までしっかり乾燥させるには、2~3日必要な場合もあります。湿ったままでは、カビなどが発生する原因になってしまうので、少し長めに干すようにしてください。

ぬいぐるみの表面の毛が長いぬいぐるみは、乾く前にブラッシングをして形を整えるようにしておくと、乾いた時にキレイな形になります。

ぬいぐるみを洗う場合は、失敗しないように慎重に行ってください。くれぐれも自己責任でお願いします。ぬいぐるみを洗うことに不安がある場合には、近くのクリーニング店で相談してみるものいいでしょう。

関連コンテンツ アドセンス

-くらし, 雑学
-, ,