美容 くらし

寝癖がつかない方法がわかった!

2016/09/11

寝癖
朝起きたら、「髪の毛が爆発している!」なんてことは、誰しもが経験していますよね。特にちょっと寝坊してしまった時に限って寝癖がひどい状態になっているような気がします。

寝癖がついていなければ、朝の時間をゆっくり使うことができますよね。そこで、誰しもが悩んでいる寝癖の対策について調べていました。

スポンサーリンク

 

寝癖がつかないように寝る前にすることは?

寝ているときは無意識状態なので、意識して寝癖が付かないような姿勢で眠ることは難しいのですが、寝る前にしっかりと髪を乾かすようにすると、寝癖が付きにくくなります。

髪が半乾きの状態で眠ってしまうと、髪が枕に押し当てられているグシャグシャの状態で乾き、その形がキープされてしまうのでひどい寝癖になってしまうのです。

また、寝る前に流さないトリートメントを使って、乾かすことで寝癖がつきにくくする効果もあります。最後に冷風を当てて髪の毛を冷やすのも寝癖を防ぐポイントです。

 

寝癖が付かないようにする方法は?

寝癖 ブラッシング

寝癖が付かないように日ごろから注意することは何でしょうか。ロングヘアの方の場合とショートヘアの方の場合について、2パターンの方法を紹介します。

 

 ➡ ロングヘアの場合の寝癖防止方法!

ロングヘアの人が寝る時は、寝相などで髪と髪が擦れ合ってしまい、うねりやハネが出てしまいます。髪が長い人は、寝癖の髪のうねりやハネなどの直すのは時間がかかってしまうし、髪同士が絡まって痛みやすかったりします。

キレイな髪をキープするためには、寝癖が付かない寝方をすることが大切になってきます。寝癖がつかない寝方としてお勧めの方法は、軽く髪を結んで寝ることです。あくまでもヘアゴムの癖が付いてしまわないように軽くですよ。

ただ1本に髪を結ぶのではなく、頭のてっぺんで結んだ「お団子ヘア」にしたり、ゆるく三つ編みにしたりすると、さらに寝癖がつきにくくなりますよ。

 

 ➡ ショートヘアの場合の寝癖防止方法!

髪の毛が短いロングヘアの人よりも寝癖がつきやすいですよね。でも、ちょっとした工夫で寝癖を防ぐことができます。その方法とは、パーカーなどのフードをかぶって寝る方法です。こうすることで、髪同士が擦れ合うのを防げるので、寝癖がつきにくくなります。

スポンジカーラーを使う方法もいいですが、かぶるだけのパーカーが一番簡単で楽なのでオススメです。ナイトキャップを良いかも知れませんが、その場合はキャップの型が付かないように注意してくださいね。ゆったりしたものの方がいいでしょう。

 

もし、寝癖がついてたときに素早く治す方法は?

寝癖 ドライヤー

でも、どれだけいろいろな工夫をしても、寝癖がついてしまうこともありますよね。そんな時は、どうすればすぐに寝癖を直すことができるのでしょうか。

髪の毛全部がハネちゃっているような爆発した状態のときは、1度、すべての髪を濡らした方がいいです。それからドライヤーで丁寧に乾かした方が時間的には、早く綺麗になる場合が多いです。

でも時間のないときや、ハネやうねりがちょっとだけ・・・ってときもありますよね。そんなときは、霧吹きで癖がでている髪の根元を濡らして、丁寧にドライヤーでブローしてあげると落ち着きますよ。ヘアアイロンを使うのもオススメの方法です。

朝の忙しい時間にバタバタしないように、できるだけ寝癖がつかないようにしたいですね。今は市販の商品でもたくさん寝癖を直すグッズが出ているので使ってみるのもいいと思います。

関連コンテンツ アドセンス

-美容, くらし
-,