健康 ダイエット

納豆ダイエットの効果が凄い!その秘密がわかった!

2016/12/15

納豆

「ダイエットはしたいけどお腹がすくのは嫌だし、運動も疲れるからやりたくない」と、わがままなことばかりを言っていませんか。もし、食事制限も運動もせずに、スッキリと痩せることができる夢のようなダイエットがあれば、あなたはすぐにでも行いますか。

普通に考えてみるとそんな都合の良いダイエットはないように思うのですが、実はあるのです。その夢のようなダイエット方法とは、今、密かなブームとなっている納豆ダイエットです。

1日に納豆1パック(約50g) 食べるだけで食事制限をすることもなく、面倒な運動も必要なしで痩せることができるのです。
納豆の食べ方は、自由です。あなたの好きなように食べれば良いのです。

ご飯と混ぜて食べてもいいし、納豆だけ単品で食べてもオッケーです。これだけで本当に痩せることができるって、信じることができますか。

まだ、納豆ダイエットについて信用していないあなたのために納豆ダイエットのことを詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

 

納豆ダイエットって効果があるの?

納豆は体脂肪が増えるのを防いだり、脂肪燃焼を促すダイエット効果の高い食べ物なんです。納豆の中には、納豆菌の働きによりビタミンB2が多く含まれています。

納豆には低脂肪でタンパク質や食物繊維が豊富に含まれており、血栓や高血圧を予防してくれるとても体に良い健康食なのです。

納豆を食べることには、他にも様々なメリットがあります。

 

納豆は腹持ちがいい!

納豆を1パック食べるだけで空腹が満たされる感じがしませんか。納豆は食物繊維が豊富なため、食べる量は少なくても満足感が得られるのです。

また、納豆の中に多く含まれている食物繊維が、腸の中で水分を吸収して大きくなるので、腹持ちが良くなるのです。納豆を1パック食べるだけでも、食べ過ぎを防いでくれる効果があります。

しかも、食物繊維が豊富に含まれているため、便秘を解消してくれる効果もあるので特に女性にはお勧めです。

 

納豆には美肌効果がある!

納豆を食べると肌が綺麗になるということを知っていますか。納豆に含まれるポリグルタミン酸は、なんとヒアルロン酸の10倍の保水力があると言われているのです。

保水力が高いということは、納豆を食べることでお肌が潤い、プルプルになるということです。この美肌効果は、便秘解消効果と同じくらい嬉しいですよね。

 

肥満予防をする効果がある!

大豆に多く含まれているサポニンという成分には肥満を防止する効果があります。小腸から脂肪や糖が過剰に吸収されるの防いだり、太りにくい体を作るサポートを行ってくれるのです。

サポニンの効果って、すごいんですね。

 

納豆ダイエットのデメリットはあるの?

食べるだけでダイエットができる納豆ダイエットなのですが、実はデメリットもあるのです。納豆は栄養価が高いと説明してきましたが、実は意外とカロリーも高いのです。

納豆1パックあたり、約100キロカロリーです。いくら栄養価が高く、ダイエットに向いていると言っても、納豆食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーになってしまいます。

納豆ダイエットの特徴は、納豆を1パック食べることで十分な満腹感を感じることができるため、トータルの食事量を減らすことができるというものです。

納豆ダイエットの効果を高めるためには、1日に食べる納豆の量は2パックまでに抑えておいたほうがいいでしょう。

 

納豆の美味しい食べ方が知りたい!

素晴らしいダイエット効果のある納豆なのですが、毎日食べていると飽きてしまいますよね。そこで、納豆の味に飽きてしまった時に、何か調味料を加えて一味違う納豆を作れば美味しく食べることができますよね。

私は今までに試してみた中で、納豆と相性が良く、組み合わせてみると抜群に美味しい食材を紹介します。

 

納豆を美味しく食べるための簡単な組み合わせ!

  • 納豆 + ツナマヨ
  • 納豆 + マヨネーズ
  • 納豆 + 玉子 + きざみのり
  • 納豆 + 大根おろし

ツナマヨやマヨネーズとの組み合わせはよく知られていますが、私がこの中で特にイチオシなのが、「納豆+大根おろし」の組み合わせです。

大根おろしを加えることで、納豆をさっぱりと食べることができるのです。納豆の味が苦手な方でも、大根おろしを混ぜることで食べることができると思います。ぜひ一度試してみてほしい方法です。

ただ、この食べ方は、大根おろしを作らないといけないので、少し手間がかかるのが難点なのですが。

 

●納豆の劇的においしい食べ方

 

この他にも納豆の美味しい食べ方はたくさんあると思います。是非、自分の好みに合った食べ方を見つけて、美味しく食べながら、ダイエットを続けてくださいね。

関連コンテンツ アドセンス

-健康, ダイエット
-,