健康 くらし

【衝撃】目も日焼けする!怖い病気を招く原因になってしまう場合も!

sunglasses

長時間、外で過ごした後に目の疲れを感じることはありませんか。明るいところで長い時間、過ごして眩しかったから目が疲れただけだと思っていませんか。

実は、目も日焼けをするのです。目を日焼けにすることで、体全体にも疲労を感じてしまいます。目の日焼け対策についてお伝えします。
 

スポンサーリンク


 

目が日焼けするって本当?

目も紫外線を浴び続けると日焼けをします。目に浴びる紫外線の量が多くなると、炎症を引き起こして、目の充血や目の痛みが表れてきます。

肌の日焼けと同じことが目にも起こってるのです。紫外線を多く浴び続けていると、目の病気を引き起こしてしまったり、目の老化を促進してしまったりと何も良いことがありません。

目薬を点したり、冷たいタオルで冷やすなど、目のケアが必要になります。

 

目が紫外線を浴び続けるとどうなるの?

目に紫外線を浴び続けると、いろいろな病気を引き起こしてしまう可能性があります。

 

 ➡ 角膜炎

目に強い紫外線を浴びると黒目の表面に炎症を起こしてしまいます。目の充血、チクチクした痛み、涙が出るなどの症状が表れます。

角膜炎は、日差しの強い夏だけでなく、冬のスキー場でも起こります。冬のスキー場は、下からの反射が強いので紫外線は夏と同じぐらい強くなります。

 

 ➡ 翼状片

翼状片(よくじょうへん)とは、目の白目と黒目の境目が紫外線で傷つくことで起こります。異物感やドライアイを感じ、目が充血します。症状がひどい場合には、視力障害を起こしてしまいます。

 

 ➡ 白内障

白内障は目の水晶体が紫外線で傷ついてしまうことで起こります。目の水晶体が白く濁り、視力が低下してしまい物がかすんで見えたり、二重に見えたりしてしまいます。

 

目の日焼けをケアする方法は?

目に日焼けが起こっている状態とは、目が炎症している状態のことです。目薬でケアをしたり、目を閉じてゆっくりと目をゆっくりと休ませることが必要です。

目薬は目の炎症に効く成分が入っているものを選びましょう。

目の疲れを回復させるためにエネルギー補給を行いましょう。ルテインやアントシアニンは目の疲れの回復をサポートしてくれます。

また、日常では外出する時に日差しに気を付けるようにしましょう。サングラス、帽子、日傘などで日差しをカットしましょう。特にサングラスは、UVカットのものを選べば、目に入る紫外線を80~90%カットしてくれます。

関連コンテンツ アドセンス

-健康, くらし
-, , , ,