健康 くらし

【噛んだ!】口内炎が治らない時はどうしたら良いの?

口内炎とは口の中に炎症が起きている状態のことです。小さな口内炎でも不快感はかなり大きいですよね。熱いものや辛いものは食べると痛いし、話してても痛いこともあります。

そんな口内炎をすっきりと治す方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

口内炎の原因・治す方法は?

口内炎には、3つの種類があります。アフタ性口内炎、ウィルス性口内炎、カタル性口内炎の3種類です。

 

 ➡ 口内炎の種類
  • アフタ性口内炎 … 疲労や免疫力の低下が原因。
  • ウィルス性口内炎 … ウィルスや細菌の増殖が原因。
  • カタル性口内炎 … 物理的刺激が原因。

口内炎の中で一番多いのが、アフタ性口内炎です。頬の内側や舌や唇の裏にできる口内炎です。うっかり口の中を噛んでしまい、その傷が口内炎になってしまった時は、このアフタ性口内炎です。

アフタ性口内炎は、免疫力の低下で起こることが多いため、ストレス、睡眠不足、食事などを改善して、規則正しい健康的な生活を送るようにすると口内炎ができにくく、できた場合でも早く治ります。

細菌やウィルスが感染すると悪化してしまいます。歯を磨くときは丁寧に磨き、最近を除去しましょう。時間が無い時には、食後はうがいだけでもしてくださいね。

口内炎になってしまったら、イソジンでうがいをして、口の中を清潔に保つことが大事です。消毒効果がありますので、できるだけ早い段階で消毒を行ってください。

また、口呼吸になっていると、口内が乾燥して雑菌が発生しやすくなってしまうので、注意が必要です。

最近は口内炎に貼って治すものや塗り薬も多く市販されていますね。それだけの多くの人が口内炎になっているのでしょうか。ストレスが多い現代病のひとつなのかもしれません。

 

ビタミンB2を多く摂る!

ビタミンB2は、粘膜と関係している栄養素です。ビタミンB2の不足は口内の炎症、唇のひび割れが起こってしまいます。さらにビタミンB6が足りないと細菌の影響を受けやすくなってしまいます。

ビタミンB2…うなぎ、レバー、アーモンド、納豆、卵、乳製品

ビタミンB6…レバー、バナナ、ニンニク、カツオ、マグロ

ビタミンB1…うなぎ、豚肉、海苔、豆類

 

チョコラBBを飲むと、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1をすべて取ることができるので、お勧めです。

 

口内炎が治らない時には、病院で治療をする!

口内炎が治らない時に行く病院は、耳鼻咽頭科、歯科(口腔外科)、内科、皮膚科です。舌にできた口内炎は、がんの可能性があります。あまりにも口内炎の治りが遅い場合には、速やかに病院に行くことをお勧めします。

関連コンテンツ アドセンス

-健康, くらし
-, , , , ,