くらし 雑学

毛玉の取り方!セーター・ニット・Tシャツはこれで大丈夫!

2016/12/13

必勝法

お気に入りのセーターやニットほど何度も着てしまうもの。そうすると気になるのは毛玉ですよね。お気に入りの服ほど、何度も着るので毛玉だらけになってしまうと言う皮肉な結果になってしまうのです。

せっかくのお気に入りの服なのに毛玉だらけだと着る気が無くなってしまいますよね。実は簡単に毛玉をきれいに取ることができる方法があるのです。

この方法を知っていれば、セーターやニットを買い換えることなく、何度でもお気に入りのセーターやニットを着続けることができますよ。

 

スポンサーリンク

 

毛玉ができやすい素材は?

ニット

同じように見えるセーターでも、このセーターだけすぐに毛玉ができてしまうってことがありますよね。それは素材が違うからなのです。

一言でセーターやニットといっても、実際にはいろいろな素材でできているのです。素材によって毛玉ができやすいセーターと毛玉がほとんどできないセーターに分かれるのです。

毛玉ができやすい素材とは、ウールやコットンなどの天然繊維とアクリルやポリエステルなどの合成繊維でできたものです。

個別にもう少し詳しく説明します。

 

天然繊維で作られた服

ニットの服は素材はウールです。天然繊維であるウールの場合、毛玉ができやすいのですが、そのできた毛玉は自然と落ちていきます。

ですから、天然繊維の服の場合には、いつもきれいな状態で着ることができるのです。毛玉ができていないわけではないのです。

ウールの場合、特に手入れをしなくても、常に綺麗な状態で着ることができます。

 

合成繊維で作られた服

アクリル素材で作られた服の場合、アクリルは強い繊維ので、一度できた毛玉はずっと服に残ってしまいます。この点が天然素材のウールで作られた服との大きな違いです。

そのまま放っておくと、毛玉がどんどん増えてしまい毛玉だらけの服になってしまうのです。ですから、今、毛玉だらけで悩んでいる方の服は、アクリル素材だと言えます。

 

セーター・ニットの毛玉の取り方は?

一度できてしまうとやっかいな毛玉は、できるだけ楽に綺麗に取りたいですよね。さっそく取り方について見ていきましょう。

毛玉を簡単に取るには、以下の4つ方法がお勧めです!

 

台所用スポンジで毛玉を取る!

【裏ワザ】セーターの毛玉を取る方法

スポンジを使って毛玉を取る方法は簡単です。100均などで簡単に手に入る台所用スポンジの片面がやわらかくて、もう片面は硬くなっているタイプを使ってください。

  1. スポンジを1度水に濡らす。
  2. その後、しっかりとスポンジを絞る。
  3. スポンジのやわらかい方でTシャツの毛玉ができている部分を軽く擦る。

たったこれだけのことで手軽に簡単に毛玉を取ることができるのです。この方法で使うスポンジは、基本的には新品の物を使ってください。

台所で使ってるスポンジで擦ると、スポンジに染みこんでいる洗剤が出てきて泡だってしまう場合がりますので、注意してください。

 

ラップなどの刃などで毛玉を取る!

ラップやアルミホイルについているあのギザギザした刃を使って毛玉を取ることができます。毛玉ができている部分を上からやさしくなでるように、やさしく滑らせるとうまく取れますよ。

 

使い捨てカミソリで毛玉を取る!

T字型のカミソリで、上からやさしくなでるように毛玉を剃り落とします。カミソリを使うと、とても綺麗に毛玉をとることができますよ。

ただ、あまり強く当ててしまうと服の生地まで切れてしまう場合がありますので、表面の毛玉だけを薄く取る感じでやってくださいね!

 

紙やすりを使って毛玉を取る!

目の細かいやすりで毛玉の部分をなでるように取ります。原理は台所用スポンジと同じです。近くのホームセンターで安く手に入るので試しやすいと思います!

 

この4つの方法の中ではカミソリを使う方法が個人的にオススメです。

 

毛玉ができてしまう原因は?

服に毛玉ができてしまう最大の原因は摩擦です。洗濯のときや服を着ている時に衣類の繊維同士が擦れあって、毛玉ができてしまうのです。

毛玉ができているのは、腕の内側や脇辺りが中心ではないでしょうか。このことからも、擦れることで毛玉ができるということがわかりますよね。

セーターやニットを着ている時できる毛玉を防ぐ方法というのは難しいのですが、洗濯の時には毛玉を防止する洗い方があります。それは洗濯ネットに入れてから洗うことです。

少し面倒に感じるかもしれませんが、毛玉ができやすい素材でできた服だけでも洗濯ネットに入れてから洗うようにしてください。

洗濯ネットを使わずに洗濯をして、後で毛玉を取ることを思えば洗濯ネットに入れる方が手間がかからないですからね。

洗濯ネットを使うことで、毛玉の量をかなり減らすことができますよ。

 

Tシャツにできてしまった毛玉の取り方は?

Tシャツにできてしまった毛玉を取る方法は、基本的にはセーターやニットから毛玉を取る方法と同じやり方で大丈夫です。

個人的には、2枚刃や3枚刃のカミソリで剃るようにして取るのがキレイに取れるように思っています。ただ、1度だけカミソリの刃がTシャツに引っかかってしまって、Tシャツを切ってしまったことがあります。

それからは、Tシャツの生地をピンと張ってやさしく刃を当てるようにしています。表面がスベスベしているバランスボールの上にTシャツのを置いて伸ばしながら毛玉を取っています。

カミソリで毛玉を取るのに不安がある人は、ハサミを使っても取ることはできますよ。自分に合った方法でやってみてくださいね。

毛玉取りは、あまりやりすぎると服を傷めてしまうこともあります。お気に入りの服などは毛玉ができないように、日ごろからケアするようにしましょう。

関連コンテンツ アドセンス

-くらし, 雑学
-, , ,