美容 くらし

ほうれい線を消す化粧品・メイクのひみつ!

2016/09/06

make

女性にとって年齢とともに気になってくるのは、ほうれい線ではないでしょうか。多くの女性は、少しでもほうれい線を目立たなくしたいを思っていることでしょう。

ほうれい線を目立たなくする方法は、いろいろあります。そのひとつとして「化粧品」を上手く使い、メイク術でほうれい線を目立たなくさせることができます。

使用する化粧品でほうれい線を目立たなくすることが出来るのです。

スポンサーリンク

 

お肌のコンディションを整えて、ほうれい線を消す化粧品

ほうれい線を対策するためには保湿効果の高い化粧品を選ぶことです。出来るだけ保湿効果の高い化粧品を選ぶようにしましょう。また、どちらかというとしっとりするタイプの方がいいですね。

化粧品を選ぶ場合、使用されている成分のチェックをしておきましょう。「ヒアロルン酸」や「ビタミンA」が入ったものはオススメです。ほうれい線にも効果がある化粧品だと思います。

もし、どれを購入していいかわからなくなった場合には、ドラッグストアの店員さんに尋ねてみましょう。長い間勤務している方ですと、ほうれい線に効果的な化粧品がわかると思います。

肌質も考えて勧めてくれますので、聞いてみることも大切ですよ。

 

ほうれい線と遺伝の関係

family

若い時から、ほうれい線に悩まされている女性は多く見られます。中年女性になってから、ほうれい線が目立つようになってくる場合が多いのですが、どうして若いのにほうれい線が目立つようになってしまったのでしょうか。

それは、遺伝の影響が大きいのです。実は、ほうれい線は、遺伝と大きく関係しています。遺伝でほうれい線が出来やすい体質になってしまうことは、珍しいことではありません。

ほうれい線の遺伝は、「肌質遺伝タイプ」と「骨格遺伝タイプ」の2種類に分けることができます。

肌質遺伝タイプとは、言葉の通り肌の質がそのまま遺伝されることです。ですから、遺伝された肌質によって若くからほうれい線が目立ってしまうこともあるんですね。

逆に中年になってもほうれい線が目立たない女性もいます。ほうれい線が目立たないということはとても微笑ましいことですよね。

次に骨格遺伝タイプです。何故、「ほうれい線と骨格が関係あるの」と、思う方も多いかもしれません。

実は骨格によってほうれい線ができやすいタイプがあるのです。それは、頬骨が出ている方と鼻下から口までが長い方です。このどちらかに当てはまった方は、ほうれい線ができやすい骨格遺伝タイプということになります。

ほうれい線は遺伝しないと油断していませんでしたか。実は、ほうれい線は遺伝することもあるんですよ。

 

ほうれい線と食事の関係

food

ほうれい線を目立たなくするには、食事も大いに関係があります。どれだけマッサージを行って、ほうれい線に注意をしていても食事のバランスが崩れていれば、その効果はありません。効果を得るためには、バランスの良い食事を摂ることが大切なのです。

体内の中からも、ほうれい線の対策をしていきましょう。ほうれい線に効果のある成分としては、「コラーゲン」が挙げられます。コラーゲンはほうれい線を目立たなくするためにとても強い味方となってくれるのです。

ほうれい線に悩みを抱えている方はコラーゲンの含まれた食品を取り入れてみてください。コラーゲンが多く含まれている食品は、ウナギ・豚足・手羽先・牛スジ・フカヒレなどです。

毎日取り入れることは難しいと思いますので、その場合、コラーゲンが多く含まれているサプリメントを利用してみてもいいでしょう。そしてもうひとつ、ほうれい線に効果のある食品があります。それは「抗酸化物質」です。

抗酸化物質と聞いてもあまりピンとこない方もいるでしょう。抗酸化物質が含まれている成分で有名なものがあります。

皆さんもご存じの「ビタミンC」や「ビタミンE」です。ですから、ビタミンCやビタミンEなどが含まれる食品を積極的に摂取した方がいいと思います!

ビタミンCやビタミンEが多く含まれている食品は、みかん・イチゴ・レモン・アセロラ・ほうれん草・卵黄・大豆などです。

体の中から対策していくことでほうれい線は目立たなくなってくると思います。これらにプラスしてマッサージを続けることで、早くほうれい線を消すことができるでしょう。

 

 

 

関連コンテンツ アドセンス

-美容, くらし
-,