健康 くらし

【動画あり】食後すぐの歯磨きはNGという噂を徹底検証!

2016/12/24

歯を白く

職場でお昼ご飯から戻ってきて、すぐに歯を磨いている人は多いのではないでしょうか。特に人と接する仕事をしている人の場合、口の臭いは気になりますよね。

ただ、最近、「食後すぐの歯磨きは口内環境に悪い」という説が有るようです。この説は本当なのでしょうか。

スポンサーリンク

 

食後すぐの歯磨きは口内環境に悪影響という噂が!

食事をした後には、食べ物の酸によって唾液が中和され、歯の外側のエナメル質が一時的に柔らかくなります。エナメル質が柔らかくなっている状態で歯磨きをすることは、エナメル質を落としてしまうと危惧されています。

HNKの「ためしてガッテン」でも直後すぐに歯磨きをしないほうが良いという説が放送されました。ちなみに食後に柔らかくなってしまったエナメル質は、30分後に硬くなります。

「食後すぐに歯磨きをするのは良くない!」という説に日本小児歯科学会が反論しました。普通の生活をしている人にはこの説は当てはまりにくいので、食後はすぐにでも歯磨きをして、歯垢と細菌を早く取り除いた方が良いという反論です。

ただ、酸性のものを口に含んだ時には歯のエナメル質が柔らかくなってしまうので、この時は、すぐに歯を磨くのではなく、うがい程度にしておいた方が良いのです。

炭酸飲料水を飲んだ時には、すぐに歯を磨かないほうがいいでしょう。

 

いつ歯磨きをすればいいの?

朝は寝起きに歯磨きをすることをお勧めします。寝ている間に口中に細菌が増殖します。その細菌を除去するために歯磨きを行い、食事前に口の中をすっきりとさせておくといいでしょう。

寝る前の必須です。1日の汚れを綺麗に洗い流し、寝ている間に細菌を繁殖させないためにも、できれば、10分以上は丁寧に磨いてください。お風呂に入った時に湯船に浸かりながら磨いてもいいでしょう。

食後は、すぐに磨いても大丈夫ですが、間違った磨き方でゴシゴシと力を入れて歯を磨いてしまう人は、要注意です。丁寧なブッラッシングで歯を磨くなら、すぐに磨いても問題ありません。

 

●プロが教える正しい歯磨きのやり方 前編【ビエボ】 | 意外と知らない

 

●プロが教える正しい歯磨きのやり方 後編【ビエボ】 | 意外と知らない

 

 

関連コンテンツ アドセンス

-健康, くらし
-,