【W+】ワードプラス

知っているとちょっと得するかも!っていう情報ブログ

健康 美容 くらし

【検証】重曹歯磨きで歯を白くすることはできるの?

2018/04/28

歯を白く

歯を毎日、丁寧に磨いていても、黄ばみががっているのが悩みの方はいませんか。歯の色は、クリーム色っぽいのがナチュラルなのですが、白い歯に憧れがありますよね。

重曹歯磨きで歯を白くする方法をご紹介します。

重曹歯磨きで歯が白くなるの?

重曹歯磨きの効果

重曹を使って歯磨きやうがいをすると、虫歯、歯周病、口臭に効果があります。重曹歯磨きは、いつも使っている歯磨き粉の代わりに重曹を使って、歯磨きを行います。タバコのヤニに対しても効果があります。

重曹歯磨きは、直接、重曹を歯ブラシに付ける方法と重曹と水と混ぜて、ペースト状にしてから使う方法があります。ペースト状にする方法は、水の代わりにハッカ油やグリセリンと混ぜても良いでしょう。

重曹の研磨作用が歯に付いてしまった着色汚れを綺麗に落としてくれます。これは、歯の表面に着色汚れと結合しているタンパク質を重曹が分解し、研磨作用で汚れをこすり落とすことで、歯が白く見えるのです。

重曹歯磨きでは、汚れを落として、歯を白く見せる効果がありますので、ホワイトニングとは違います。

重曹歯磨きで注意すること

重曹には、研磨作用があるため、磨きすぎるとエナメル質を削ってしまいます。エナメル質が削れ、象牙質が見えてしまうと、歯が黄ばんでいるように見えるので、注意が必要です。

知覚過敏等の原因になってしまう場合もあります。

重曹歯磨きは、毎日する必要はありません。歯の黄ばみやヤニの汚れが気になった時に行えばいいでしょう。もしくは、1週間に1回と決めて行うものいいでしょう。

重曹は人体に大丈夫なの?

重曹の成分は、炭酸水素ナトリウムです。自然界に存在している物質ですので、人体に害はありません。重曹は、弱アルカリ性なので、水を軟水化させます。

お風呂に入れたり、洗濯機に入れることで、汚れを落としやすくする効果があります。歯磨きで使用する重曹は、ドラッグストアで購入することができます。

使用する重曹は、工業用の重曹ではなく、食用の重曹を選んで使用してください。歯周病予防の効果があり、歯周病が原因で起こる歯ぐきの腫れを抑えてくれます。

スポンサーリンク

歯を白くするためのいろいろな方法

ホワイトニング歯磨きを使う

歯磨き粉は研磨剤で歯の汚れを落としてくれます。ただし、研磨しすぎると歯のエナメル質を削ってしまい、象牙層がむき出しになってしまうことがあります。

ゴシゴシと強いチカラで磨くのでは無くて、やさしく小刻みに歯ブラシを動かすように磨いてください。歯の汚れは、小さな力でも充分に落とすことができます。

最近では、歯磨き粉に含まれている成分でステインを浮き上がらせて、効果的に磨くことができるように作られている歯磨き粉もありますよ。

歯のマニキュアを使う

歯に専用のマニキュアを塗ることで、短時間で歯を白くすることができます。ただし、白のトーンによっては、不自然なほど白くなってしまう場合があるので、注意が必要です。

基本的には、上下の前歯だけに塗ることになります。歯のマニキュアは、ドラッグストアでも販売していますが、自分で綺麗に塗るにはけっこう難しいので、慣れるまでは大変かもしれません。

歯医者で歯石を取る

歯の根元に付いてしまったしつこい汚れは、歯医者に行って歯石を取ってもらうと短時間で綺麗になります。歯石を取る費用も保険適用内なので、3,000円程度で行うことができます。

特に歯の裏や歯の根元に付いたタバコのヤニの汚れや、コーヒーやお茶を飲むことで付いてしまった汚れは1度クリーニングをしてもらうとキレイになります。

半年に1回ぐらい歯医者さんに行って歯石を取るだけでも、歯が綺麗になり、笑顔の印象ががらりと変わりますよ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ アドセンス

-健康, 美容, くらし
-, , , ,