健康 美容 くらし

【厳選】歯を簡単に白くする方法!

2016/12/24

歯を白く

歯を毎日、丁寧に磨いていても、黄ばみががっているのが悩みの方はいませんか。歯の色は、クリーム色っぽいのがナチュラルなのですが、白い歯に憧れがありますよね。

歯を白くする方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ホワイトニング歯磨きを使う!

歯磨き粉は研磨剤で歯の汚れを落としてくれます。ただし、研磨しすぎると歯のエナメル質を削ってしまい、象牙層がむき出しになってしまうことがあります。

ゴシゴシと強いチカラで磨くのでは無くて、やさしく小刻みに歯ブラシを動かすように磨いてください。歯の汚れは、小さな力でも充分に落とすことができます。

最近では、歯磨き粉に含まれている成分でステインを浮き上がらせて、効果的に磨くことができるように作られている歯磨き粉もありますよ。

 

重曹を使って歯を磨く!

重曹を使って歯磨きをすることで歯が白くなりますし、うがいをすれば口臭予防にもなります。重曹を使った歯磨きは、タバコのヤニを落とすこともできるし、歯の黄ばみも綺麗になります。ただし、重曹は研磨力が強いので磨き過ぎに注意してください。

重曹での歯磨きを毎日する必要はありません。歯の黄ばみやヤニの汚れが気になった時に行えばいいでしょう。もしくは、1週間に1回と決めて行うものいいでしょう。

重曹歯磨きのやり方は、歯ブラシにひとつまみの分の重曹をつけて磨きます。先に少し歯ブラシを濡らしておくと良いでしょう。使用する重曹は、工業用の重曹ではなく、食用の重曹を選んで使用してください。

 

歯のマニキュアを使う!

歯に専用のマニキュアを塗ることで、短時間で歯を白くすることができます。ただし、白のトーンによっては、不自然なほど白くなってしまう場合があるので、注意が必要です。

基本的には、上下の前歯だけに塗ることになります。歯のマニキュアは、ドラッグストアでも販売していますが、自分で綺麗に塗るにはけっこう難しいので、慣れるまでは大変かもしれません。

 

歯医者で歯石を取ってもらう!

歯の根元に付いてしまったしつこい汚れは、歯医者に行って歯石を取ってもらうと短時間で綺麗になります。歯石を取る費用も保険適用内なので、3,000円程度で行うことができます。

特に歯の裏や歯の根元に付いたタバコのヤニの汚れや、コーヒーやお茶を飲むことで付いてしまった汚れは1度クリーニングをしてもらうとキレイになります。

半年に1回ぐらい歯医者さんに行って歯石を取るだけでも、歯が綺麗になり、笑顔の印象ががらりと変わりますよ。

関連コンテンツ アドセンス

-健康, 美容, くらし
-, , , ,