スポーツ プロレス イベント

【速報】2016年G1クライマックス 2016年7月18日 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる<開幕戦>

公式戦 Aブロック公式戦 天山広吉 vs 石井智宏

セコンドに小島を引き連れて天山入場。気合いは、十分で石井を攻めるが、下半身がついていっていない印象。天山のニールキックが石井の左肩直撃。石井の古傷の左肩に大ダメージ。石井の逆水平チョップが天山の喉に。

コーナーポストでの攻防。正面からカーフブランディング。石井の肩にもダメージ。ダイビングヘッドバット。カウント2。アナコンダバイス→アナコンダバスター。小島が天山に激!。ムーンサルトの体勢の天山を抱えて、パワーボム。

モンゴリアン。ヘッドバットで返す。石井のラリアット。天山カウント2で返す。スライディングラリアット。天山カウント2で返す。石井はエルボー連打。天山はヘッドバット連打。TTD。石井カウント2で返す。小島ポーズからラリアット。ムーンサルト。

カウント3。小島号泣。場内爆発!!!

○天山広吉(14分8秒 片エビ固め)石井智宏●

 

公式戦 Aブロック公式戦 棚橋弘至 vs SANADA

棚橋新コスチュームで入場。タイツの赤を基調とした新タイツ。シューズは黒。ヒールっぽい。グランドの攻防。棚橋はヘッドロックを中心に組立てる。場外の攻防。棚橋、フェンスで喉を強打。SANADAは左肩を攻める。SANADA、タンクトップを脱ぐ。大胸筋が大きくなった印象。

SANADAのドロップキック。一転、SANADAペースに。棚橋もペースを変える。セカンドロープからのローリングセントーン。ドラゴンスクリュー。SANADAは場外エスケープ。棚橋が場外へのハイフライアタックで追撃。

SANADAがリングに入るところに、ドラゴンスクリュー。テキサスクローバーホールドで膝に集中攻撃。SANADAがコーナーに振られたが、コーナーで反転してのスワンダイブ式ミサイルキック。

エルボーの打ち合い。ヨーロピアンエルボーも打ち合いに。SANADAがEVO。カウント2。スカルエンド。棚橋の動きが止まる。ロープエスケープ。ラウンディングボディープレス。着地。

棚橋、ダルマ式ジャーマン。カウント2。ハイフライフローをRKOで迎撃。ラウンディングボディープレス2連発。スカルエンド。ギブアップ!棚橋、復帰白星ならず。

○SANADA(19分30秒 スカルエンド)棚橋弘至●

 

公式戦 Aブロック公式戦 オカダ・カズチカ vs 丸藤正道

丸藤、GHCタッグのベルトを持って入場。オカダ、IWGPヘビーのベルトを巻いて入場。セコンドは外道。腕の取り合いでお互いの身体能力を披露。オカダがコーナーでのドロップキックを狙うが、丸藤が切り返し。場外での攻防へ。

鉄柵を使って、オカダの左手首を攻める。丸藤が逆水平で攻める。一進一退の攻防。場外のオカダへトップロープ越えのストンピング。徹底的な腕攻め。外道、焦る。

フラップジャックで反撃。しかし、逆水平で丸藤、形勢逆転。ドロップキックで、オカダ場外。丸藤、プランチャ。不知火を狙うが切り返す。オカダ、コーナーTOPからエルボー。レインメーカーポーズ。レインメーカー不発。

トラ―スキック。コーナーで背を向けた丸藤にドロップキック。トラースキックの連打をドロップキックで反撃。トラースキックの連打から虎王。ポールシフト式エメラルドフロージョン。3カウント。

丸藤マイク。「この夏を制するのはこのオレだ!」

〇丸藤正道(19分7秒 エビ固め)オカダ・カズチカ●

関連コンテンツ アドセンス

-スポーツ, プロレス, イベント