【W+】ワードプラス

知っているとちょっと得するかも!っていう情報ブログ

健康

長時間座ると尾てい骨が痛い!原因と対策は?

尾てい骨が痛いと、生活が大変です。座っていてノンビリしている時間でも、痛みがあるとリラックスすることができません。

尾てい骨の痛みの原因を知り、少しでも痛みを和らげる対策を取りましょう。

尾てい骨ってどこ?

尾てい骨は背骨の下にある骨です。動物なら尻尾が生えている場所になります。漢字も尾が入っているので、イメージはしやすいと思います。

ちょうどお尻の割れ目の付け根のちょっと上あたりになります。

椅子に座っている時や歩いている時に尾てい骨に痛みを感じる場合には、いろいろな原因が考えられます。椅子に座る場合は、坐骨で体重を支えるのが正しい姿勢になります。

スポンサーリンク

尾てい骨の痛みの原因は?

筋肉の異常

同じ姿勢で長時間仕事をしている座り仕事の方、長距離ドライバーの方、立ち仕事の方の場合、筋肉疲労による痛みが出る場合があります。

このような仕事の方は、長時間、尾てい骨に強い刺激が与えられてしまうからです。筋肉疲労によるコリが筋肉の異常となってしまいます。

改善策は、正しい姿勢で座ることです。痛みが強い場合は、痔の人が使うような柔らかいクッションを使用します。柔らかいクッションを使用した時も、姿勢が崩れないようにしてください。

骨盤のゆがみ

姿勢が悪いと骨盤が歪んでしまいます。椅子に座る時に背中が丸くなっている人は、骨盤が歪んで痛みが出ている可能性があります。

背中が丸くなっていると、骨盤が寝た状態になります。骨盤が寝た状態だと、尾てい骨に体重がかかってしまいます。痛みが酷くなると、階段の上り下りなどの少しの衝撃でも痛みを感じてしまう場合もあります。

知らない間に骨折をしている

実は尾てい骨は簡単に骨折をしてしまう場所です。尻もちやちょっとした転倒が原因で骨折したり、ヒビが入ったりします。スキーやスノーボードの初心者は、特に注意が必要です。

何度も転倒をしていると、尾てい骨が曲がってしまうこともあります。尾てい骨は、骨に異常があっても、痛みが少ない箇所です。打ち身と勘違いしてしまう場合が多いのです。

痛みが続くようであれば、整形外科に行って診察を受ける必要があります。

神経の圧迫による痛み

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の場合、尾てい骨のあたり全体に痛みが出ます。神経の圧迫は、腰痛と併発してしまいます。腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の場合、痛みが強く出ます。

神経の圧迫による痛みの場合、ストレッチ等で自分で治せるものではありません。すぐに整形外科に行く必要があります。整形外科でMRIやCTを受けると原因が判明します。

尾てい骨に痛みがある時の対策は?

正しい姿勢で生活をすることが大事です。悪い姿勢で座っていると、尾てい骨が寝てしまい尾てい骨1点に体重が集中してしまいます。

負担が大きくなってしまいますので、背筋を伸ばして座ることが大切です。いくら治療をしても、正しい姿勢で座らないと症状は、改善されません。

尾てい骨に痛みがあるのは、姿勢が悪いことが一番の原因なのです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ アドセンス

-健康