健康 くらし

自転車の防寒対策!この方法で寒さを乗り切ろう!

2016/01/03

今ガソリン代節約のためや運動のために自転車に乗る人が多いみたいですね♪もちろん通勤や通学で使う人も多いと思います!

でもこの時期の自転車・・・とーーーーーーっても寒いですよね(-_-;)

手も耳も冷たくて痛くなってくるし、風をあびてめっちゃ寒いし・・・

何も対策せずに乗ると寒さでたまらないと思います。ではどのような格好で乗れば寒くないか知りたいですよね?

そこで今回は!自転車の防寒についてご紹介したいと思います(^^)/

 

samui

 

冬の自転車は寒い!この防寒方法で乗り切ろう!

まず自転車の防寒と聞いて考えるのは、防風性や保温性のことだと思いますが、それよりも一番大事なのは「安全」ですよね!

  • 中綿が厚いモコモコした動きずらいウェア
  • ごわごわしすぎてブレーキを握りにくい手袋
  • 周りの音が聞こえにくい耳あて

↑は温かそうだけど危険がいっぱいです;いくら暖かくても危なければ意味ないですよね。

では、自転車の運転に適した安全な防寒アイテムはなんなのか。ご紹介しますね♪

1、 ネックウォーマー

マフラーをして自転車に乗る人が多いかと思いますが、マフラーだと、もし転んだときに引っかかって首がしまる可能性があります。ですのでマフラーは自転車に乗るときは極力使わないようにしましょう。

マフラーの代わりに首を温めてくれて引っかかる恐れのないもの…ってことでネックウォーマーが最適なんです♪今はスポーツ店でもホームセンターでもたくさん販売されているので、自分の好みにあったものを探してみてくださいね!

2、 手袋

寒い時にずっと運転していると手がかじかんで感覚がなくなってきますよね。そうなるとブレーキをかける反応が遅れてしまい、事故につながってしまう可能性があります。そのためにとっても役に立つのが手袋!防風性・保温性の高い、目の細かい生地がオススメです。また、ハンドルやブレーキレバーを握りやすいように滑り止めがついていると尚いいです♪

3、 インナー

冬のインナーの定番は何といってもユニクロのヒートテック。インナーを発熱機能がついている物を着るだけでとっても暖かくなるのでオススメです♪

4、 耳あて

今はヘルメットの下にヘアバンドのようにつけるタイプも多いです。これならヘルメットをかぶる人は着脱が簡単なのでオススメです!従来の上からつけるヘッドホンのようなタイプを使う人は、ちゃんと周りの音が聞こえるか確認してから使うようにしてくださいね♪

5、 上着

風を通さないウィンドブレーカーやダウンジャケットがオススメです。動きやすいものを選ぶようにしましょう。

6、 靴下

靴下にこだわる人はあまりいないのですが、ここが盲点なんです!靴を履いているとはいえつま先がとっても冷たくなります;足を温めると体全体も暖かくなりやすいので、保温力・速乾性に優れた靴下を履くといいですよ♪

 

jitensya

 

この時期の自転車はとっても寒くてつらいと思いますが、できる防寒対策はしっかりして、少しでも暖かい格好をして乗るようにしてくださいね(^^)/

 

関連コンテンツ アドセンス

-健康, くらし
-, ,