健康 くらし

【必見】便秘の時に即効性のある腹痛の解消方法!

2016/11/16

腹痛

便秘の時の腹痛は、脂汗がでるほど激しい痛みがあこともあり、できれば腹痛が起こる前に便秘を解消しておきたいですよね。

お腹の痛みに苦しむことが無いように、できるだけ早く簡単に便秘を解消する方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

便秘のときは、どうして腹痛が起こるの?

便秘とは、一般的には3日以上便が出ていない状態のことです。健康な体なら、毎日出ないといけない便が3日も溜まってしまうと大変ですよね。

お腹が痛くなり、体にはうんちのサインが出ているのに便が出ない場合は、腐敗ガスが腸内で充満しています。

腐敗ガスが内臓を圧迫して、腹痛を起こしているのです。ですから、早く便を出さないと腐敗ガスがどんどん増えてきてしまいます。

腐敗ガスが増えれば増えるほど、腐敗ガスが腸の周辺の臓器を圧迫するので、激しい痛みとともにお腹が張ってしまいます。

 

便秘の時の激痛を和らげる方法は?

激痛の原因は、カチカチになって腸の中に溜まっている大量の便と腐敗ガスが内臓を圧迫しているからです。

毎日、食事をしているのに便秘で便が出なければ、腸の中は便でパンパンになってしうのは、当然ですよね。

便秘の時のお腹の激痛を抑える簡単な方法があります。それは、お腹を温めることです。温めるだけでも痛みが大幅に緩和されます。

カイロなどで温めると効果的なのですが、手でお腹をさするだけでも、手の温度と刺激でお腹周りの体温が少し上がり、痛みが和らぎますよ。

 

長期間の便秘は、腸閉塞が心配!

あまりにも長い期間にわたり便秘が続くようであれば、腸閉塞になってしまう心配があるので、注意が必要です。

腸の中の便が固まって、コンクリートのようになってしまい腸に詰まった状態が腸閉塞です。便秘が2週間続くと腸閉塞の可能性があります。

場合によっては入院し、切開手術が必要になることもあるので、便が出なくなってから1週間以上たっていたら、早急に対策を取る必要があります。

お腹に溜まっているガスを出すことで痛みを軽減させることもできます。あまりにも激しい痛みは病院に行くことをお勧めします。

 

便秘解消には、マッサージが効く!

おへそ周りを「の」の字に20回から30回ほどなぜたり、背中をさすったりすることで便秘解消効果があります。

自分で簡単にできる便秘を解消するためのマッサージ方法の動画がありますので、紹介させていただきます。

 

●いつでもできちゃう!3ステップでくるくる「便秘解消」マッサージ

 

便秘で吐き気があるときの対策は?

便秘の状態のまま食事を摂っていると、胸がムカムカしたり、吐き気を感じる場合があります。

腸が詰まっている状態で、食事をしているので、さらに詰まってしまい吐き気を感じるのは、ある意味、当然なのかもしれません。

この胃のムカつきを解消して、気分よく食事をするためには、腸の中に詰まっている便を少し柔らかくすることが必要になってきます。

便秘のまま放置していると便が固くなってしまいますので、積極的に水分補給を行いましょう。少し温かい飲みものがお勧めです。

吐き気がある時に飲みやすいのは、さ湯です。お湯を沸かすのが面倒な時は、電子レンジで1分温めればすぐに飲むことができますよ。少しぬる目の方が飲みやすいですよ。

関連コンテンツ アドセンス

-健康, くらし
-, ,