【W+】ワードプラス

知っているとちょっと得するかも!っていう情報ブログ

健康 くらし

【必見】便秘の時に即効性のある腹痛の解消方法 5選!

2018/04/22

腹痛

便秘の時の腹痛は、脂汗がでるほど激しい痛みが出ることもあります。このようなひどい状態になる前に便秘を解消しておきたいですよね。

お腹の痛みに苦しむことが無いように、できるだけ早く簡単に便秘を解消する方法を5つお伝えします。

緊急時の便秘解消方法や普段の生活から心がけると便が溜まらなくなる方法まで、いろいろなアプローチの方法があります。

便秘のときは、どうして腹痛が起こるの?

便秘とは、一般的には3日以上便が出ていない状態のことです。健康な体なら、毎日出ないといけない便が3日も溜まってしまうと大変ですよね。

お腹が痛くなり、体にはうんちのサインが出ているのに便が出ない場合は、腐敗ガスが腸内で充満しています。

腐敗ガスが内臓を圧迫して、腹痛を起こしているのです。ですから、早く便を出さないと腐敗ガスがどんどん増えてきてしまいます。

腐敗ガスが増えれば増えるほど、腐敗ガスが腸の周辺の臓器を圧迫するので、激しい痛みとともにお腹が張ってしまいます。

長期間の便秘は、腸閉塞が心配!

あまりにも長い期間にわたり便秘が続くようであれば、腸閉塞になってしまう心配があるので、注意が必要です。

腸の中の便が固まって、コンクリートのようになってしまい腸に詰まった状態が腸閉塞です。便秘が2週間続くと腸閉塞の可能性があります。

場合によっては入院し、切開手術が必要になることもあるので、便が出なくなってから1週間以上たっていたら、早急に対策を取る必要があります。

お腹に溜まっているガスを出すことで痛みを軽減させることもできます。あまりにも激しい痛みは病院に行くことをお勧めします。

スポンサーリンク

便秘を解消する5つの方法!

激痛の原因は、カチカチになって腸の中に溜まっている大量の便と腐敗ガスが内臓を圧迫しているからです。

毎日、食事をしているのに便秘で便が出なければ、腸の中は便でパンパンになってしうのは、当然ですよね。

便秘を解消することができる効果的な5つの方法をお伝えします。

便秘薬(下剤)を使う

どうしても、便秘を解消したい時の一番確実な方法は、下剤などの便秘薬を使うことです。長期間、便秘を放置しておくと、腸の中で便がどんどん固くなってしまい、さらに出にくくなってしまいます。

便秘薬(下剤)を飲むことが、が習慣化してしまうのは、便秘薬(下剤)に頼らないと、排便がスムーズにできなくなってしまうので、良いことではありません。

本来は、自然な排便がベストなのですが、定期的に便秘薬(下剤)を飲み、溜まった便を硬化させないことも大切です。

浣腸を使う

どうしても、すぐに便秘を解消したい時は、浣腸を利用するの良いでしょう。浣腸をすれば、腸の壁の面を滑りやすくする効果と腸の動きを活発にする効果があり、3~10分程度で便意を感じます。

一番、速やかに排便をする方法が浣腸ですが、浣腸をする行為に抵抗を感じる人や浣腸を上手く使えない人もいるのではないでしょうか。

イチジク浣腸を販売しているイチジク製薬が公開している浣腸の使い方を説明している動画がありますので、ぜひ参考にしてください。

●イチジク浣腸の使い方(自分で使うとき)

ウォシュレットを利用する

ウォシュレットで肛門に刺激を与えることで、便意を催すことができます。赤ちゃんが便秘の時に綿棒で肛門を刺激してあげると、スムーズに排便をすることができるのと同じ考え方です。

排便を促す目的でウォシュレットを使う場合は、水圧を強くし過ぎないように注意をしましょう。水圧が強いと肛門周辺の皮膚や粘膜を傷つけてしまう場合があります。また、切れ痔になりやすくなってしまいます。

水分を補給する

水分不足が原因で便秘になってしまう場合があります。1日に1.5~2リットルの水を飲むように習慣づけましょう。

寝起きの空腹時に胃に水が入ると、胃から腸を刺激し、腸のぜん動運動が促進されます。お茶やコーヒーは、下痢止め作用があるカフェインやポリフェノールが含まれているので、水分を摂るのではなく、水を飲むようにしましょう。

常温の水が体に刺激を与えることなく、吸収してくれるので、一番、オススメです。

お腹を温める

お腹を温めることで、痛みが大幅に緩和されます。カイロで温めると効果的です。手でお腹をさするだけでも、手の温度と刺激でお腹周りの体温が少し上がり、痛みが和らげることができます。

お腹を温めると、腸の動きが活発になります。活発になった腸の動きで、腸の中の便も動くので、便意が起こりやすくなります。自然に近い形でスムーズに排便できる良い方法です。

体を温める食べものでは、ショウガがお勧めです。料理に使ったり、ホットジンジャーティーとして飲めば、ショウガの効果と温かい飲みもののWの効果で、お腹を温めることができます。

また、お腹を温めて、腸の血行が良くなると老廃物の排出が促進されます。肌荒れの改善効果もあります。

スポンサーリンク

便秘解消には、マッサージが効く!

おへそ周りを「の」の字に20回から30回ほどなぜたり、背中をさすったりすることで便秘解消効果があります。

自分で簡単にできる便秘を解消するためのマッサージ方法の動画がありますので、紹介させていただきます。

3ステップでくるくる「便秘解消」マッサージ

便秘で吐き気があるときの対策は?

便秘の状態のまま食事を摂っていると、胸がムカムカしたり、吐き気を感じる場合があります。

腸が詰まっている状態で、食事をしているので、さらに詰まってしまい吐き気を感じるのは、ある意味、当然なのかもしれません。

この胃のムカつきを解消して、気分よく食事をするためには、腸の中に詰まっている便を少し柔らかくすることが必要になってきます。

便秘のまま放置していると便が固くなってしまいますので、積極的に水分補給を行いましょう。少し温かい飲みものがお勧めです。

吐き気がある時に飲みやすいのは、さ湯です。お湯を沸かすのが面倒な時は、電子レンジで1分温めればすぐに飲むことができますよ。少しぬる目の方が飲みやすいですよ。

スポンサーリンク

関連コンテンツ アドセンス

-健康, くらし
-, ,