健康 くらし

赤ちゃんが快適に過ごせる冬の室温がわかった!

2016/09/08

赤ちゃん

赤ちゃんと最初に冬を迎える時には、知らないことばかりで戸惑ってしまいますよね。「寒いかなと思って、いつもよりたくさん着せたら、大量に汗をかいていた」というよう失敗をしてしまうかも知れません。

赤ちゃんは、寝ている時も良く動くので布団を足で蹴ってしまうかもしれません。もし、布団を蹴っていることに気が付かなかったら、風邪をひいてしまうかもしれないし、心配になりますよね。

赤ちゃんが心地よく眠ることができるように、冬になると赤ちゃんのために暖房を入れている家庭も多いと思います。赤ちゃんは何度ぐらいが快適に過ごせる温度なのか知っていますか。

大人の肌感覚で判断していたら、赤ちゃんにとっては暑いかもしれないですよ。そこで、赤ちゃんが快適に過ごせる冬の室温について、お伝えします。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが快適に過ごすことができる室温は何度?

赤ちゃんは、大人のように体温調節が上手くできません。そのため、部屋の温度にはきちんと管理しておく必要があります。赤ちゃんが快適に過ごせる室温は、冬は22℃~23℃ぐらいです。大人ならちょっと寒いかなと思う温度です。

室温を計る時に気を付けて欲しいことがあります。それは温度を計る場所です。部屋の中の暖かい空気は上昇して、冷たい空気は下に溜まります。同じ部屋の中でも天井近くの温度と床の温度では、温度差がある場合が多いのです。

また、部屋の中心と壁側でも温度は違います。赤ちゃんが快適に過ごすことができるように、温度管理をするときには赤ちゃんのすぐそばに温度計を置いて、室温管理をしてくださいね。

 

温度だけでなく湿度も注意! 室内の乾燥対策は?

赤ちゃんがいる部屋の温度は、22℃~23℃ぐらいがベストなのですが、湿度はどれくらいが良いのでしょうか。温度のことばかりを気にして、エアコンやファンヒーターで暖房をすると乾燥が気になりますよね。

また、長い時間、ファンヒーターを使っていると部屋の中の空気が汚れてしまいます。冬に窓を開けるのは、寒くて抵抗があるかもしれませんが、定期的に窓を開けて、換気をして空気をキレイにしてあげましょう。

暖房器具を使っているときは、加湿器などを合わせて使って、湿度を60%ぐらいに保つように心がけてください。洗濯物を部屋の中に干すだけでも、湿度を上げることができ、乾燥を防げますよ。

観葉植物を部屋の中に置くことでも、乾燥を防ぐこともできますよ。

 

冬の夜、寝る時の室温はどうする?

赤ちゃんは寝るときに自分の体温を下げて、寝やすい状態にコントロールをしています。寒い冬だからと言って、暖房をし過ぎて室温が高くなってしまうと赤ちゃんの体温が下がらずに、汗をかいてグズってしまう原因になります。

寝るときはできるだけ、暖房器具は消すようにしましょう。「赤ちゃんが布団を蹴って、夜中冷えてしまいそう」というときには、スリーパー(かいまき毛布)を着せてあげるといいですよ。

基本的にはそこまで暖めなくても大丈夫です。赤ちゃんにとって快適な温度は、大人が少し寒いかなと感じる温度です。

寒いからといって赤ちゃんに着せ過ぎたり、部屋の温度を上げすぎてしまうと、逆に汗をかいて不快になってしまうので、赤ちゃん基準で考えてあげましょうね。

関連コンテンツ アドセンス

-健康, くらし
-, ,