【W+】ワードプラス

知っているとちょっと得するかも!っていう情報ブログ

健康 美容 くらし

アトピー欠かせないビタミンは?ビタミンC、ビタミンD、亜鉛

2018/04/23

レモン

アトピーの症状を緩和させることができるビタミンがあります。食事やサプリメントなどで、意識して摂取してください。アトピーに効果的な栄養素の代表格として挙げられることが多いのがビタミンCです。

ビタミンは体内で生成することができないため、しっかり補う必要があるのです。

アトピーとビタミンCの関係性

ビタミンCは、ヒスタミンの生成を抑制する効果があります。ヒスタミンとは、アレルギー反応をもらたす物質です。花粉対策に抗ヒスタミン薬を服用した経験がある人も多いでしょう。

いわば過剰なアレルギー反応の根源ともいえる物質なのですが、ビタミンCを摂ることで、ヒスタミンの生成を妨げてくれるのです。

また、ビタミンCは、活性酸素による酸化を防ぎ、肌環境を改善してくれます。紫外線や喫煙も活性酸素を増加させて、アトピーの症状が悪化する原因になってしまうので注意が必要です。

肌の健康状態を維持する効果も忘れてはならないでしょう。とくに肌の乾燥はアトピー性皮膚炎を悪化させる大きな要因です。ビタミンCは体内でコラーゲンの生成を促す効果があります。

コラーゲンは肌の弾力と潤いを維持するために欠かせない成分ですから、皮膚炎の症状を和らげる効果が期待できます。

もうひとつ、忘れてはならないのがストレス対策。ストレスがアトピーの大きな要因となることが知られるようになっています。ストレスが溜まるとビタミンCが大量に消費されてしまいます。

厚生労働省のデータによると、15歳以上の1日のビタミンC推奨量は、100mgとなっています。ビタミンCは、野菜、フルーツに多く含まれています。

スポンサーリンク

ビタミンD

ビタミンDを摂ると、アレルギー反応を抑制する効果があります。ビタミンDは、カテリシジンの生成を促進し、免疫機能を改善してくれます。

カテリシジンは、アトピーを悪化させる感染症を抑制、免疫グロブリンを抑制します。グロブリンが多くなると、アレルギー反応が強く出てしまうので、アトピーの方には、欠かせない栄養素です。

食べ物の中では、魚類、卵、きのこに多く含まれています。

ビタミンE

ビタミンEは、人間の皮膚に必要な栄養素です。皮膚を保護する抗酸化物質である免疫グロブリンを抑制してくれることが、イランのテヘラン大学で実験で判明しています。

ビタミンDとビタミンEを同時に摂取することで、相乗作用によりアトピーを改善してくれます。食べ物の中では、ナッツ類、植物油、かぼちゃ、ホウレンソウ、レモン、キウイ、魚介類に多く含まれています。

亜鉛

亜鉛は、組織の発達に欠かせないミネラルです。皮膚の傷を治したり、皮膚の正常な状態を保つ役割があります。

コラーゲンを生成する働きがあり、アトピー以外のウィルス性の皮膚病に関しても、免疫力を高めてくれます。亜鉛の不足になると、肌がカサカサになってしまいます。

食べ物の中では、豚肉、牛肉、魚介類。牡蠣、カニ、鰻、豆類、納豆、ごま、チーズに多く含まれています。日本人の食生活では、亜鉛は不足しやすいので、上記の食べ物を意識して摂ることが重要です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ アドセンス

-健康, 美容, くらし
-,