健康 美容 くらし

疲れている時はアロマでリラックス!お勧めの香りは?

2016/09/15

アロマ

最近は、リラックスタイムのアイテムとしてアロマを使っている人が多いみたいですね。

アロマを始めてみたいけど、「何を使えばいいの?」、「どうやって使うの?」、「どんな匂いがあるの?」など、いろいろな疑問があると思います。

アロマオイルが気になっている方は、ぜひ読んでください。アロマオイルについて、お伝えします。

 

スポンサーリンク

 

アロマオイルの選び方は?

アロマオイル(精油)とは、エッセンシャルオイルとも呼ばれ、植物の花や茎などに含まれる成分を採取した天然の植物性の液体のことです。ちなみに芳香剤やポプリなどに含まれている合成香料は精油ではありません。

合成香料が入っているものもアロマオイルとよく似ているので、間違わないように調べてから購入してくださいね。

精油の選び方のポイントとしては、「学名」、「産国」、「抽出部位」、「抽出方法」がきちんと明記されているか確認しましょう。きちんとしたアロマオイルであれば、ラベルが貼ってあり、そこに記載されているはずです。

アロマオイルは、植物から少ししか抽出できないため、手間や費用がかかります。あまりにも安すぎるものは注意しましょう。

 

アロマの色々な使い方

アロマオイルのいろいろな使い方を紹介します。

 ➡ 入浴剤として使う!

オイルなので、直接、浴槽に入れても水と油で分離してしまいます。そのため、浴槽に入れる時には、先に乳化剤と混ぜてから使います。乳化剤を使わずに入浴剤として使いたいときは、食塩やはちみつ・重曹などと混ぜてもいいですよ。

自分の好きな香りを選んで、少しぬるめのお風呂にゆっくりつかれば、リラックス効果があります。

 

 ➡ マッサージオイル

アロマオイルをマッサージで使うときには、スイートアーモンドオイルやホホバオイルなどのオイルと混ぜてマッサージをします。オイルを手で温めるようにゆっくりとマッサージすることでアロマの成分が体内に浸透していきます。

お肌がスベスベになって気持ちが良いですよ。オイルだけでマッサージを行うと、全くベタベタすることが無いのでオススメです。

 

 ➡ 化粧水

アロマオイルというのは、化粧水としても使えるのです。いろいろな作り方がありますが、グリセリンにアロマオイルを混ぜて精製水を入れるのが一番簡単な方法ですよ。

2週間ぐらいで使いきることができる量を作りましょうね。

 

 

リラックスできる香りが知りたい!

アロマオイルには、様々な種類と選び方があります。表にまとめて紹介させていただきます。

 

 ➡ アロマオイルの種類
ハーブ系 クラリセージ、ローズマリー、ペパーミントなど
柑橘系 オレンジ、ユズ、グレープフルーツなど
フローラル系 ラベンダー、ローズ、カモミールローマンなど
エキゾチック系 サンダルウッド、パルマローザ、イランイランなど
樹脂系 ベンゾイン、ミルラ、フランキンセンスなど
スパイス系 ジンジャー、シナモン、ブラックペッパーなど
樹木系 ユーカリ、ローズウッド、モミなど

 

 ➡ アロマオイルを気分で選ぶ!
幸せな気分になりたいとき ユズ、イランイラン
ストレス・緊張をほぐしたいとき フローラル系の香り
不安・心配などの気持ちが落ち着かないとき クラリセージ、オレンジ
集中したいとき 樹木系の香り
よく眠りたいとき サンダルウッド、ネロリ、カモミールローマン

表であげたのは代表的なものだけです。この他にもたくさんあるので興味のある方は調べてみてください。

いつものリラックスタイムにアロマの力を借りてもっと素敵なものになったらいいですよね。みなさんも是非やってみてくださいね。

 

関連コンテンツ アドセンス

-健康, 美容, くらし
-, ,