健康

「筋肉にエール」味の素のアミノエールの効果を調べてみたら、凄かった!

2016/10/14

筋肉

新聞の広告を見たときに、このワードで検索!「筋肉にエール」という言葉があり、気になったので調べてみました。筋肉にエールって、独特のユニークな表現ですね。

調べてみると「筋肉にエール」というこの広告は、味の素KKのアミノエールの広告のようです。新聞広告の隅の方にもしっかりと「味の素」と書かれていました!

ちなみに味の素KKの「KK」とは、株式会社をローマ字で表記した時の頭文字(kabushiki kaisya)を取ってKKと表しているようです。味の素KK=味の素株式会社ということです。

 

スポンサーリンク

 

筋肉はどうして衰えてしまうの?

アミノエールの効果の前に少しだけ筋肉のことについて書かせていただきます。先に筋肉ができる過程を理解していただいた方が、アミノエールの効果が分かりやすくなりますので。

筋肉を作るチカラは20代をピークに加齢とともに徐々に落ち始め、70代になると筋肉を作るチカラはピーク時の約半分になってしまいます。私たちの筋肉は、タンパク質から作られているのです。筋肉を作る為には、タンパク質が必要なのです。

しかし、食事で多くタンパク質の含まれた食品を食べれば、筋肉量が増えるわけではありません。食事で体内に入ったタンパク質は、一旦、アミノ酸に分解・吸収されてから筋肉を作りだすタンパク質へと再合成されます。

この事からも分るように、アミノ酸こそが筋肉の元となる栄養素なのです。筋肉を増やすためには、アミノ酸を直接摂取したほうが、速やかに体内に吸収され効果が高いのです!

 

歳を取ってからも筋肉は必要なの?

60代~70代になると筋肉量が減ってしまうのは分ったけど、「年を取ってからも筋肉って必要なの?」と思われるかもしれません。

結論から言うと、筋肉は必要なのです!

年配の方に特に必要なのは足の筋肉です。足の筋肉が増えると歩行能力が回復します。しっかりと歩くことができれば、転倒するリスクも減りますし、長い距離を歩くことができます。

自力で歩くことができるというのは健康にとって、すごく良いのです!

 

味の素のアミノエールのスゴイ効果とは?

アミノエールの主成分は、ロイシン40%配合の必須アミノ酸です。このロイシン40%配合の必須アミノ酸は味の素が独自に開発したものです。

味の素の研究の結果、アミノエールには筋肉の基となる唯一の栄養素であるアミノ酸の中で筋肉を作るシグナルとして働くロイシンの比率を高め、体内では作り出せない9種類のアミノ酸を配合しました。

9種類のアミノ酸とは、ロイシン、フェニルアラニン、バリン、イソロイシン、スレオニン、ヒスチジン、トリプトファン、リジン、メチオニンです。

ロイシン40%配合の必須アミノ酸は、軽い運動と併用することで筋肉を作るチカラをサポートしてくれます。

 

 ➡ アミノエールのポイント
  • 日本初!筋肉づくりをサポートする機能性表示食品
  • 累計販売数1,500万食
  • リンゴ味の顆粒タイプ、1日1本でOK

 

このアミノエールは、通信販売限定の商品となっていますので、薬局・ドラッグストアで購入することはできません。

 

関連コンテンツ アドセンス

-健康
-